司法書士のメリットとデメリット

職業:司法書士

0views

imasia_17058005_M

 

司法書士のメリット

① 自分が登記申請をして完了した登記事項証明書を見ると、この国の登記制度の一翼を担っていることを実感することができます。

 

② 登記申請書類の作成や提出などは補助者に任せることができ、司法書士自身がやらなければならないことは限られているので、人を雇用することでいくらでも受任件数を増やしていくことができます。よって、独立開業してうまく営業をしていけば、高収入が望める職業です。

 

③ 自分や家族が銀行や不動産会社のお得意様であれば、たいてい仕事を回してくれるので、そのような立場であれば独立開業と経営はそれほど難しくありません。

 

④ 司法書士間では能力差がつきにくい業務が多いので、顧客との信頼関係を築いた司法書士は、その顧客から安定した依頼を受けることができます。

 

⑤ 困っている方の問題を解決することがあり、感謝していただけることがあります。

 

⑥ 銀行や不動産会社に知り合いができるので、自分がお客の立場のときに良いお話をいただけることもあります。

 

⑦ 様々な士業の方と知り合いになるので、相談したいことがあるとき、各分野の専門家にすぐに相談ができます。

 

⑧ その他、多くの人々と知り合いになれます。

 

⑨ ある程度の社会的地位があります。

 

司法書士のデメリット

① 高収入の司法書士は多くいますが、資格を取っても高収入が約束されるわけではありません。特に勤務司法書士は一般的に給与があまり高くありません。よって、試験の難易度からしてコストパフォーマンスが良くない資格と言われることがあります。

 

② 司法書士として要求される注意義務をたった一度でも怠れば、職を失うことがあります。

 

③ 司法書士としての能力や知識があるからこそですが、日常の業務が難しくなく、単純作業のように感じることがあります。

 

④ 他の司法書士より登記や法律の勉強をしたからといって、業務でそれを活かせることはあまりありません。それを活かせる特殊事案が出てきても、他の司法書士もその時点で調べて解決できるので、必ずしも勉強量が司法書士としての評価を上げるわけではありません。

 

⑤ 銀行や信用金庫から依頼を受けたい場合は、司法書士の能力をアピールしてもあまり意味を成しません。それよりも、お客としてその支店にどれだけ貢献できるかをアピールした方が仕事につながります。

 

⑥ 他の司法書士の縄張り意識に配慮しなければならないときがあります。

 

⑦ 司法書士に継続的な依頼をする必要がある法人客は、すでに他の司法書士に依頼をしています。そのような依頼を受任している司法書士は、きっちりとした仕事をしています。司法書士の資格の宣伝によくある開業が容易というのは、安定収入を得ることが容易ということではありません。

 

⑧ 司法書士の裁判事務業務は、基本的に弁護士のように法律や事実を争って勝訴を得るという仕事でありません。ほとんど結論が出ていることに関して、書類作成や提出を代行(一部のみ代理)することが、司法書士に求められている仕事です。特に裁判外で法律で認められた範囲を超えた交渉などをすると、弁護士法違反となります。その場合2年以下の懲役又は300万円以下の罰金が科されます。

 

⑨ 法務大臣認定司法書士の簡裁代理権に関する業務においては、依頼者の話を聞いて140万円を超える民事事件と分かった時点で(140万円を超えるか否か不明確な場合も)、交渉や和解だけでなく、相談にも応じることができなくなります。この場合、知り合いの弁護士を紹介するなどして依頼者のニーズに応えることが必要です。

 

本記事は2017/10/02の情報で、内容は司法書士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する