司法書士の魅力とやりがい

職業:司法書士

23views

pixta_17416273_M

 

司法書士の仕事の魅力・やりがいとは?

 司法書士は、国民の権利を保護することに寄与する仕事をしています。登記や裁判事務などを通じて、人の役に立っているということが実感しやすい仕事です。

 

  • 人との関わり合い

 司法書士の仕事は、様々な会社の経営者や担当者、そして個人の方々と出会います。普段の生活において、法律家と関わることはあまり一般的なことではありません。しかし、家を買ったり、不動産を相続したりというのは、多くの人が経験することです。そのときは、登記をしなければなりません。よって、それに関する業務をする司法書士は、一般の人と最も関わり合いがある法律家なのです。

 

 そして、法律家の仕事は当事者の一方のために仕事をするということがほとんどですが、司法書士は、例えば、不動産売買に関する登記業務などでは関係当事者の全員に満足してもらうために仕事をします。このように、多くの人の権利を守るための仕事をすることができる司法書士は、魅力的な職業です。

 

  • 国民の権利保護に寄与する職業

 司法書士が国民の権利を保護することに寄与している代表例として、先述の通り、普通の人にとって大きな買い物であるマイホームの購入のときがあります。一般的には、不動産会社、住宅ローンの融資をする金融機関、そして、買主、売主がその融資をする金融機関の店舗に会し、決済をします。そのとき、司法書士がその場で重要な役割を担います。

 

 買主が売主にお金を渡すとき、理想を言えば、登記の名義を自分の名義にするのと同時にしたいと思うでしょう。そして、その不動産を担保として買主に融資をする金融機関も、それを望むはずです。しかし、登記は、申請してから一定の期間を経ないと完了しません。そのため、その場で司法書士が問題なく登記が完了することができるということを判断し、関係当事者のすべてがその司法書士の判断を信頼して決済をしています。このことは、司法書士という職業が社会で信頼されている職業であることを示すものです。

 

 もし、司法書士が本人確認を怠ったことなどにより問題が生じた場合は、司法書士は損害賠償責任を負うことになります。これは専門家としての職責が要求されているということを示しています。よって、司法書士は社会において大切な役割を果たしている職業の一つだということが分かります。

 

  • 信頼できる専門家

 司法書士という職業には長い歴史があります。その歴史の中で長く仕事をしてきた司法書士や、現在活躍している司法書士たちの努力によって、例えば、近年では簡易裁判所における代理権や成年後見人への就任など、活躍の場がどんどん広がってきています。国民の権利を保護することに寄与する仕事の中でも、社会で困っている人たちの手助けをするという意味合いの強い仕事が増えてきています。

 

 そのような仕事は誰にでも任せられるものではありません。やはり、しっかりとした知識の裏付けがある信頼できる専門家が引き受けることのできる仕事です。司法書士は、このような仕事を任せてもらえる、やりがいのある仕事です。

 

  • 国民の権利保護に貢献でき、登記や裁判事務などを通して人の役に立っていることが実感しやすく、社会での信頼度が高い職業である。

 

本記事は2017/09/28の情報で、内容は司法書士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する