ペットシッターに求められるスキル・能力・知識

職業:ペットシッター

16views

imasia_2110879_M

 

 ペットシッターは、動物好きという理由だけでは勤まらないお仕事です。ここでは、ペットシッターとして求められる能力や知識についてご紹介していきます。

 

まずコミュニケーションスキルを身につけること

 ペットシッターは、顧客である飼い主と信頼関係をつくっていくお仕事と言えます。そのため、飼い主から依頼される仕事を適切に果たす必要があります。また、飼い主不在時のサービスなので、お互いの行き違いがないようにする必要があります。

 

 「指定された作業をやっていない」「指示を受けていないことをする」などの事は、ペットシッターの仕事としては信頼を欠く行為です。飼い主が旅行や仕事で不在の時に委託される仕事なので、打ち合わせで聞いたことを忘れてしまったとしても確認を取ることはできません。

 

 ペットシッターとしてペットの世話代行を完了した後には、ペットの状態についてできるだけ早く飼い主に連絡をする報告業務があります。ペットの状態をできるだけ分かりやすく簡潔に伝える能力も必要とされます。

 

対象となるペットの種類に対する知識を身につける

 ペットシッターとして、世話をするペットの種類別の習性は基本知識として習得しておく必要があります。例えば、「個々の動物が基本的に必要としている生理的・環境的な要因や健康管理法」「コミュニケーションとして表現する行動と動物心理」「ストレス行動などの社会的行動についての知識」などを身につけておくことは、マストと言えます。

 

 これらの知識は、ペットの安全管理のために必要であると共に、異変についていち早く気づいて対応できる能力にもつながります。また、ペットの動きを予測して行動をすることもペットと自分自身の安全を確保する方法になります。

 

ペットに対して細かなケアができる誠実な態度

 飼い主に代わってペットシッターから世話を受けることは、ペットにとっては普段とは違う環境となり、多少の不安を感じることになります。ペットのストレスを軽減して安心できる世話を提供するために、飼い主さんとのパートナーシップを発揮して世話内容を把握することは、ペットシッターとして求められるスキルです。

 

 ペットはペットシッターがどのように接したのかを飼い主に報告できません。ペットがどのような扱いを受けているのか、怠けずにペットの世話をやってもらえたのかを飼い主に伝える手段は1つしかありません。それは、ペットに対して常に誠実な態度で接する姿勢を身につけておくことです。「ペットが好きであるということ」と「ペットに誠実であるということ」の違いを知り、プロフェッショナルとしての態度を身につけることが大切です。

本記事は2017/08/22の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する