ペットシッターの転職に資格は必要?

職業:ペットシッター

4views

imasia_9757890_M_R

 

ペットシッターは資格よりも行政登録が大切

 現在ペットシッターに関する資格として存在するものは、任意団体が独自に出している資格のみになります。しかし、実際にペットシッターとして働く時に、これらの資格は必要ではありません。ペットシッターとしていずれかの企業やショップ、病院などに正社員もしくはアルバイトとして採用される場合には、資格は一切必要ありません。

 

 ペットシッターとしての業務が許可されているのは、各自治体の保健衛生担当部署が管轄する「第一種動物取扱業、種別:保管業」に登録している法人もしくは個人です。採用先がこの業者として届出を出しているかどうかは、各自治体の保健衛生部署の窓口で直接確認することが可能です。

 

 また、ホームページや広告を掲載するときには、動物取扱業の種別と登録番号を記載する義務が課せられています。登録や更新の手続きを踏まずに営業をしている場合もあります。転職を希望する先の法人や個人の登録状態については、必ず事前に確認しておきましょう。

 

資格は普通自動車免許があれば十分

 ペットシッターとして転職をする際に、絶対に必要な資格は「普通自動車運転免許証」です。ペットシッターは飼い主の家に直接伺って仕事をしますが、ペットの急な体調不良などの理由で動物病院へ搬送する必要が生じることがあります。これらの対応のため自動車免許証は必須です。

 

 ペットシッターに従事するため重要な資格はありません。ペットに関わる資格で必ず必要なのは、国家資格である獣医師免許だけです。簡単に取得できる資格であるほど、任意団体による資格ビジネスである場合があります。

 

 ペットシッター業の仕組みを十分に把握していないと、必要のない資格を取得・公開してしまい、それは知識のないことを公表していることにもなりかねません。たくさんの資格名を記載するペットシッターもいますが、現場に従事する者からすると資格によるカモフラージュのように見られることさえもあります。

 

資格よりも経験や基礎学習が重要視される

 ペットシッターは、資格よりも実務経験や知識が仕事に生かされるかどうかがその人の実践力に影響します。ペットのことについて様々な勉強の仕方がありますが、中でも2~3年の期間をかけて学ぶペット系専門学校では、ペットの生態や病気、行動について基礎知識から学ぶことができます。

 

 ほかにも、ペットビジネスの仕組みやそれに必要な接客態度までカリキュラムの中に入れられています。実際にペットに関わる仕事先での研修を受けることも可能です。ペット系専門学校はペットビジネスの即戦力を養うことが目的のため、卒業生はペットシッターとして採用される確立が高くなります。

 

 ペットシッターやペットビジネスで職務経験した経歴があることは、ペットシッター業務を行う上で重要視されます。ペットビジネスは経験値について計る基準が少なく、経験年数でしか見られないこともあります。経験年数が少なくてもその経験を通して、ペットのことをどれだけ理解できるようになっているかでペットシッターの仕事内容の質が変わってきます。

 

 実務のやり方は働く場所によって異なるのはペットシッター業も同じです。ですが、ペットの生態や行動については基礎学があるため、今まで勉強してきたことは無駄にはなりません。ペット系専門学校に通う時間がなくても、信頼できる書籍を通して毎日学び続けることは決して無駄にはなりません。

本記事は2017/08/22の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する