ペットシッターの転職と面接時の注意点

職業:ペットシッター

98views

imasia_10445338_M

 

 ペットシッターは接客が基本の仕事です。顧客の第一印象はとても大切なので、面接時にも服装やイメージなどの全体の印象を評価されます。面接前の準備はしっかりとしておきましょう。

 

 面接時に印象の良い服装・イメージとは

 ペットシッターの仕事は、ペットのお世話代行というアクティブな内容です。面接時の服装としては、基本的にはリクルートスーツである必要はありません。むしろ、活動的な印象を持たれるような服装が好まれます。例えば、スラックスやチノパンに長袖の襟付きのシャツなど、清潔で活動的な印象を持たれるものにします。

 

 服装以上に気をつけなければいけないのは、アクセサリーなどの飾りものです。特に女性やピアスやネックレスを装着するのは避けましょう。また、目立つネイルや爪が伸びているような状態は好まれません。華やかさよりも清潔さをアピールするよう心がけましょう

 

年齢・性別に応じた面接時の注意点

 ペットシッターの転職には、性別や年齢が多少影響します。顧客である飼い主が女性であることが多いため、男性は清潔で明るい印象となるように、髪型・服装や臭いに気をつけましょう。

 

 女性の場合は、明るい表情となるような控えめのメイクが好印象を与えます。ペットシッターは女性の多い職場ですが、消極的な受け身姿勢の女性は好まれません。はっきりとした受け答えで積極性を印象づけてください。

 

 年齢的には安定した青年から中年層の方がペットシッターとして活躍しています。ペットシッターは接客業ですが直接的に顧客に年齢を表示する必要はありません。見た目が落ち着いていて、老年ではないイメージが一般的に好まれます。

 

志望動機は事前に考慮しておくこと

 ペットシッターの志望動機は「動物が好きだから」「ペットのお世話をするのが好き」という内容のもの多いのですが、これでは志望動機としては不十分です。ペットは身近な存在で自分もペットを飼っているから、という立場でペットシッターへの転職を希望される方もいます。ところが実際にペットシッターがお世話をするのは、顧客のペットです。

 

 ペットシッターを希望する動機が「ペットが好き」という気持ちであることは大切なことですが、志望動機の中には「ペットが好き」を通して他者に貢献できる姿勢があることをしっかりとアピールする必要があります。

 

  • 絶対に言ってはいけない面接時のタブー発言

ペットシッターへの転職希望者の中には、人と関わるのが得意でないという方もいます。それ自体は悪いと評価されることではありませんが、面接時にこうした発言をすることは面接時の印象を損ねます。ペットシッターはペットのお世話代行を通して「人と関わる仕事」であること、を理解しておくことは面接時の基本姿勢になります。

 

本記事は2017/08/22の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する