ペットシッターの転職と年齢の関係

職業:ペットシッター

14views

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 ペットシッターの転職にあたって、年齢という要素は影響してきます。ここでは、どの程度の年齢が転職に適してるのかを、ペットシッターの仕事内容と合わせて説明していきます。

 

採用を30代までに絞っているケースも多い

 ペットに関わる仕事の中でも訓練士やトリマーはごく最近まで師弟制度を取り入れ、新人は見習いとして働いていました。ペットに関わる技術を身につける仕事に携わるものは、それぞれが技術職だという意識があります。現在では師弟制度から資格制度へと、社会の事情にあわせて体制を変化させてきました。

 

 しかし実質的には現場を通して学ぶ技術も多いため、ペットに直接的に関わる仕事には技術を学ぶ師弟的な側面があります。そしてそれはペットシッターも同様です。

 

 ペットシッターとして転職する際に事前に現場経験を持っていなければ、現職のスタッフの元で学びながら技術を身につけていく必要があります。そのため、新人の年齢が高すぎると教えることが難しいという理由で、比較的若い30代までの採用が中心になってしまうことがあります。

 

 また技術を身につけるまで時間がかかるため長く仕事を続けてほしいという理由で、やはり30代までの採用に絞られることがあります。

 

若ければ採用率が高くなるわけではない

 しかしながら、単純に年齢が若ければ採用されやすいかというとそうではありません。ペットシッターは飼い主からの信頼を得て不在時にペットのお世話をする特別な仕事です。人としての誠実さや安定制が感じられないと、飼い主に不安を与えてしまいます。

 

 新卒ではなく社会経験のある転職者は、安心を与えられる接客態度を身につけている可能性があります。沢山の人に接したからこそ身に付くこの態度を持っていることは、ペットシッターとしてはとても有利です。数年の社会経験を積んだ後でペットシッターへの転職を考えることは、決して不利なことではありません。

本記事は2017/08/21の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する