ペットシッターの魅力とやりがい

職業:ペットシッター

23views

imasia_12913967_M

 

 動物好きにはとても魅力的な仕事

 ペットシッターの仕事の魅力は、なんといっても「動物が好きだ」という自分の気持ちと仕事が直結していることにあります。ペットと直に接し、ペットが求めていることを与えるのが仕事なので、飼い主さんと同じ存在として深くペットに関わる機会を得ることができます。仕事を通して動物に対しての理解も深まり、お世話をしているペットたちに信頼してもらえる関係を築いていくことができるのです。

 

 ペットたちはいつも人からのお世話と愛を求めています。シッティングに行ったときにペットが自分を待っていてくれると感じられるようになれば、それがシッターの一番の喜びです。ペットシッターは、仕事を通して「動物のために何かをしてあげたい」という気持ちが満たされるので、動物好きにとってはとても魅力的な仕事です。

 

専門的知識を身につけて技術を磨いていける

 動物のお世話は世話をする人の技量によって大きな質の違いがでてきます。以前は特別動物好きでもない「何でも屋さん」でも請け負われるような、誰にでもできる仕事だと思われていましたが、ペットシッターは時代の変化に応じて専門職として進化してきました。

 

 シッティングの質を上げることでペットにも変化があらわれ、飼い主さんもペットの様子に良い変化があれば気づいてくれるでしょう。お世話の道具や内容について少しだけ工夫をすることで飼い主さんがペットのお世話に積極的になったり、飼い主さんの方から「こういうときはどうしたらいいのだろう」という質問を受けることもあります。

 

 ペットシッターはペットの行動専門家や獣医師ではありませんので、専門的なアドバイスはできません。しかし、ペットの行動や性格について飼い主さんと一緒に考えたり悩んだりする「飼い主のパートナー」として頼れる存在であることも大切な役割のひとつです。

 

飼い主さんとの長いお付き合い

 飼い主さんにとっては自分の大切なペットの身近なお世話を他人にお願いすることは、やはり抵抗のあることです。動物病院やトリミングなどの専門的なケアとは異なり、日常のお世話は一見簡単なように思われがちですが、日常のお世話こそペットへの影響が一番ある大切な部分だからです。

 

 ペットシッターのお仕事は、仕事の内容以上に飼い主さんからどの程度の信頼を得られるかにかかっています。室内犬の場合などは、留守中の家の鍵をシッターに預けるケースもあるので、飼い主さんとの信頼関係なしでは成り立たない仕事でもあります。

 

 ペットのお世話が一番必要なのはペットが幼少期と老年期です。まさにペットの生涯を通して育てるお手伝いをする“代理母”として、飼い主さんと共に悩み考える存在でもあるペットシッターは、ペットにとっても嬉しい存在です。ですから、人も動物も共に寄り添いたいという資質を持つ方にとっては生きがいともなる仕事になるでしょう。

本記事は2017/08/21の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する