ペットシッターの仕事内容

職業:ペットシッター

3views

imasia_11365711_M

 

 ペットシッターのお仕事とは

 ペットシッターの基本的な仕事は、留守・外出や病気・家の事情などでペットの世話ができない飼い主さんとペットのための“お世話代行業”です。飼い主さんが不在時の仕事が中心ですが、飼い主さんの病気・妊娠や自宅での仕事が多忙などの理由で、飼い主さんが在宅のときに仕事に入るケースもあります。

 

 世話をするペットの種類は主に犬と猫、他にフェレット、ウサギ、小鳥などの場合もあります。もし動物によって専門的な知識や経験があれば、犬専門のドッグシッターや猫専門のキャットシッターなど、自分の得意分野をアピールすることも可能です。

 

 なかでも特に依頼が多いのが犬です。都市環境では共働きも多く、長時間の留守番を強いられる犬はストレス過多になりがちです。犬のストレスは問題行動や病気の原因にもなり、飼い主さんの悩みも増加してしまいます。シッターはそんな忙しい飼い主さんの救世主でもあるわけです。

 

 「ペットのために少しお金を使ってでもペットを幸せにしたい」と願う飼い主さんも増えているため、ペットシッターは近年人気上昇の仕事です。

 

実際に依頼される仕事はどんなことなのか

 ペットシッターに依頼されるペットの世話は、日常のペットのケアに必要なことが中心です。「ゴハンや水を与える」「散歩に連れ出す」「排泄を必要な場所でさせる」「遊び相手になる」「お手入れをする」「飼育場所周りの清掃をする」といった仕事が中心になります。

 

 これら以外にも、ペットシッター業務として請け負えるところがあればサービスとして提案し、積極的にペットの世話に取り組むことでサービス内容も充実します。とはいえ、普段飼い主さんがやっているお世話の手順や方法を良かれと思って勝手に変えてしまうとペットも困惑します。

 

 日常と変わらない環境を準備し、ペットの様子を観察しながら飼い主さんに提案したうえで、より良い環境を作り上げていけば、ペットや飼い主さんの信頼を得ることもできます。飼い主さんは勿論、ペットにも安心感を与えることが重要なポイントです。

 

打ち合わせから報告までの細やかなケアで飼い主さんとの関係作りを

 飼い主さん不在時のお世話代行の場合は、飼い主さんが依頼した内容と請け負った内容に違いがないようにするため、事前の打ち合わせはとても重要です。

 

 例えば、「散歩のコース」「ゴハンの与え方」「ゴミを捨てる場所」など細かな内容を打ち合わせます。シッターの業務を終えてそのお宅から帰った後のペットの事故につながる大切なことも含まれているので注意が必要です。また、世話中にペットに異変を感じるようなことがあれば、状態によっては飼い主に緊急連絡したり、指定の動物病院に連れて行くなど、緊急な場合の対処法も最初に飼い主さんと話しておく必要があります。

 

 ペットが室内飼育の場合は自宅の鍵を一時預かるため、その受け渡しや返却方法についてもきちんと確認しておきます。業務終了後には、メールや電話でお世話の内容について報告すると共に、お世話時のペットの状態についても合わせて連絡します。

 

 日常的なペットの状態を把握していなければ、報告内容で飼い主さんを不安にさせてしまうこともあります。ペットに対する理解や観察力、臨機対応な判断や行動、そして飼い主さんの信頼を得る関係作りなど、ペットシッターの仕事は責任の重いものであると同時にやりがいを感じられる仕事です。

本記事は2017/08/21の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する