ペットシッターの求人事情について

職業:ペットシッター

0views

imasia_9673759_M

 

ペットシッターの求人について

 ペットシッターの求人募集は、「ペットシッターサービス専門業者」や「ペットホテル」から出ているケースが多くなっています。まれに、「ドッグトレーニングスクール」や「ハウスサービス会社」による求人もあります。

 

 全国的にペットシッターとしての求人数はまだそれほど多くありませが、地域によっては今後増えていくと予想されています。とは言え、求人先によって採用条件が様々なため、面接時に採用条件についてよく確認してください。ここでは、職場・雇用先別にペットシッターの求人状況を具体的に見ていきましょう。

 

「ペットシッターサービス専門業者」のペットシッターの求人

 ペットシッターサービス専門業者は、「大手ペット業者」と「個人自業主」に分けられます。

 

 大手ペット業者は都心部を中心としてサービスを展開していることがほとんどです。大手業者では他業種の会社経営を基盤として、ペットシッターサービスをその枝部として位置づていることがあります。ペットビジネスを通して直接的にペットの飼い主と接し、その要望を拾い上げることで他のビジネスの可能性を広げているのです。大手業者の中には比較的安定性の高い企業もあり、正社員として採用される場合もあります。

 

 個人事業主が経営するペットシッター業者は、少人数のスタッフで運営をしている場合が多いです。小さな業者でも口コミや紹介などで一定の顧客を抱えて地域に密着して活動している事業所もありますので、ペットシッター専属の正社員として勤務できる可能性があります。

 

 また、個人とつながりやすいペットシッターの仕事の特徴から、顧客によってはペットシッターを指名する場合もあるため、アルバイトや業務委託という形式で経験を積みながら、いずれは正社員として採用されるという形も可能です。

 

 雇用側としても、採用者がペットシッターとしての仕事内容や技術を覚えてしまった後に独立されてしまうと同業のライバルを増やすことになり不利になります。なので、きちんと育てた優秀なスタッフは、好条件で雇い続ける傾向にあります。ペットシッターとしての能力を磨きスキルアップしながら長く勤める気持ちのある方に向いている職場です。

 

「ペットホテル」のペットシッターの求人

 ペットホテルの求人はペットホテルスタッフを中心としながら、ペットシッターとしての業務も含まれる形が基本となります。ペットホテルは預かり場所として、一定の施設を所有して運営をしています。施設の形は戸建ての一軒屋の場合もあるし、ビルの一室の場合もあります。いずれにしても指導する自治体の規制をクリアすれば運営することができます。

 

 ペットホテルは24時間管理の仕事なので、夜間勤務に対応できるなど時間に融通のきくスタッフが求められますが、手当てはそれほど高くありません。ペットの中にはペットホテルの利用が合わない種類や個体もいます。ペットホテルはお世話代行サービスを希望するさまざまな顧客に対応するために、ペットシッターとして働けるスタッフを必要としています。

 

 ペットホテルの求人は時間拘束が長いため、アルバイトとしての時給は少なくても長時間勤務が可能になります。また、ペットホテル業務の中でペットのお世話について学ぶ機会を持つことができることは大きな利点です。

 

「ドッグトレーニングスクール」のペットシッターの求人

 ペットシッターサービスの対象となるペットの中で、飼育の管理やトレーニングなどの技術を最も必要としている動物が犬です。咬みつきなどの問題行動をかかえている犬や、超大型犬や大型犬の中でも防衛的な行動の傾向があり扱いが難しい犬もいます。これらの犬のお世話代行をするためには、犬の管理とコントロールのプロフェッショナル技術が必要です。そのため、ドッグトレーナーがこれらの特徴のある犬の世話代行業務を委託されています。

 

 ドッグトレーニングスクールにおける求人は、ドッグトレーナーとしての技術を身につけることが前提になります。最初は見習いアルバイト扱いとなり、低い賃金や一定期間の研修を受けて、技術を身につけていく必要があります。事前に必要な資格はありません。

 

「ハウスサービス会社」のペットシッターの求人

 家事代行・ハウスキーパー業務全般を請け負うハウスサービス会社によるペットシッターの求人もあります。家事代行を委託する顧客がペットを飼っている場合、ペットの世話やペットの飼育環境の清掃など、ペットシッターと同様のサービスが必要になるケースもあります。

 

 家事代行・ハウスキーパー会社はサービスの対象者を広げるため、共働きの中流家庭で家事代行サービスを利用できるように変化してきました。実はペットの飼育数は中流家庭が最も多く、ペットシッターサービスの利用対象者になっています。家事代行とペットシッターが同時に依頼でき料金が適切である家事代行サービスは人気があります。

 

 ペットシッターとしての業務経験が少しでもあれば、ハウスキーパーとして採用される確立は高まります。正社員の採用数はペットシッター専門の仕事よりも多くあります。派遣社員や業務委託という出来高制のアルバイト採用もありますので、雇用形態を生活スタイルにあわせて選択できるというメリットがあります。

 

 動物病院以外のペットビジネス業界は経済界の中ではいまだ小規模であるため、お掃除が好きでペットの仕事にこだわらずに安定した仕事を求められる方におすすめの転職先と言えます。

本記事は2017/08/21の情報で、内容はペットシッターとしての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する