宅地建物取引士のスキルアップ法

職業:宅地建物取引士

32views

imasia_6104334_M

 

宅地建物取引士としてスキルアップするには?

 宅地建物取引士のスキルアップの方法としては、数をこなしていくしかありません。数を重ねていくごとに調べるべきポイントが把握できてきますし、逆に不明な部分、要注意点が明らかになってきます。

 

  • 「慣れ」と習熟は違う

 数をこなしていくに従って、物件の調査の手順やポイントが理解できるようになります。次第に自分なりのやり方や手順が固まってきて、改善点や手段を考えられるようになってきます。「この部分は、もう少し突っ込んで調べておこう」、誰に言われるでもなくこう考えられるようになったら、主体的に考えて判断できる宅地建物取引士の第一歩です。

 

 方法は自分なりに組み立てられるとしても、不動産には2つとして同じ形状、条件の物件はありません。使用目的によって、重要視される部分も違ってきます。ですので調査には毎回真剣になりますし、重点的に調べるポイントも変わってきます。そういう意味でスキルは確立できたとしても、「慣れ」とは永遠に無縁の仕事とも言えます。

 

  • 信頼できるネットワークを築いておく

 宅地建物取引士として仕事を進めていくにあたって、自分が信頼できる先輩や人物のネットワークを築いていくといざという時に相談できるので心強い支えになってくれます。不動産業界は意外につながりが強い業界で、日常的に物件の紹介や問い合わせなどを行っているため、こうしたつながりを築くのにもってこいの仕事です。

 

 また役所などの公的機関へ足を運ぶ機会も多いので、担当者と馴染みになっていくチャンスもあります。彼らは正しく指導するのが仕事ですので、不明な点は何でも確認しておきましょう。役所の担当者も人間ですから、「この人には噛んで含めるように説明してあげなければならない」と、親切に教えてくれます。

 

 分からないのに分かったような対応をしていると、それ以上教えてもらえることはなくなってしまいます。これは不動産を取り扱う者にとって恐いことですので、注意が必要です。

 

  • 重要事項の説明はチャンス

 宅地建物取引士のみが行える重要事項の説明も同様です。書類に初めて目を通した時、「この文章は分かりにくいけれど、どういう意味だろうか」と引っ掛かった部分、これを分かりやすく説明してあげると親切です。

 

 お客様の反応や数をこなしていくことで、噛み砕くべきポイントが分かってきますので、ぜひ次回に活かしていきましょう。契約時に和やかな談笑ができるようになった時、宅地建物取引士としての自信と喜びを知ることになるはずです。

 

  • 宅地建物取引士として数をこなす中で、調査の手順や改善点、重要事項の説明のポイントなどが分かってくる。業務上のネットワークを広げておくことも大事。

 

本記事は2017/08/01の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する