宅地建物取引士の勉強法

職業:宅地建物取引士

23views

pixta_15897346_M

 

宅地建物取引士の勉強法は?

 宅地建物取引士の資格試験は、試験間際に詰め込んで合格できるものではありません。勉強期間も長期に渡るので、自分に合った方法を見つけることが大切です。

 

  • 通信教育、通信講座で学ぶ

 通信教育や通信講座の受講は、宅地建物取引士試験で合格を目指すための、最もポピュラーな勉強法です。メリットは何と言っても、勉強のための時間の調整がしやすいこと、仕事などの都合に合わせやすいことです。また講座やクラスなどからの情報提供やアドバイスもあり、通信教育ではあっても様々なサポートが期待できます。

 

 デメリットは受講料が高額であること、個人のモチベーションに全てがかかってしまうために、勉強をさぼりやすいことです。

 

  • 教室に足を運ぶタイプの講座もある

 自宅で講座を受講する通信教育以外に、教室に通って受講するタイプの講座もあります。仕事帰りなどに立ち寄ることが可能なので、就業中でも比較的定時に退社できる人には向いています。同時間に同じ講座を受講する仲間と顔を合わせることで励みにもなりますし、怠け心を抑えることにもつながります。

 

 デメリットはやはり受講料が高額であること、決められた時間に通うことが難しい人には不向きだという点です。

 

  • 市販のテキストや参考書を利用し、独学で学ぶ

 今は宅地建物取引士のテキストや参考書が多く流通しているので、それらを使って独学で勉強することもできます。自分のペースで都合の良い時に勉強できるので、時間的な意味では最も融通が利きます。理解が難しいところは自分で時間をかけて咀嚼できますし、苦手分野に集中して取り組むこともできます。費用もテキスト代のみで済むので、負担を抑えながら勉強できます。

 

 デメリットとしては勉強をやり遂げる意志の強さが必要であること。自分のペースで勉強できる反面、ペース配分をよく考えておかないと不足する分野が出る可能性があること。得意分野や苦手分野に集中し過ぎて、他がおろそかになる可能性があることなどです。

 

  • 資格取得のための勉強法としては、通信講座を受ける、教室に通う、市販の教材を利用して独学で学ぶ、などの方法があるが、それぞれのメリットとデメリットを考慮しておく。

 

自分に合った勉強方法を選択する

 通信教育や講座も様々なものがあり、どれを選べば良いのか分かりにくいところがあります。通信教育を行っている会社にもそれぞれ得意分野がありますし、また何よりも自分に合っていることが重要です。事前によくチェックして、選ぶことが大切です。

 

 最近はネット上に宅地建物取引士試験を受ける人向けのコミュニティや情報サイトもたくさんあります。同じ目的を持つ者が緩やかにつながることで孤独感が消え、前向きに勉強していくための励みにもなります。テキストや参考書と一緒に、上手に利用すると良いでしょう。

 

 また会社や周囲に宅地建物取引士がいるのなら、ぜひ彼らの経験を参考にしてみましょう。実体験に勝るものはありません。

 

本記事は2017/08/01の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する