宅地建物取引士の資格試験

職業:宅地建物取引士

22views

imasia_2250325_M_R

 

宅地建物取引士の資格試験の内容

 宅地建物取引士の資格試験は毎年10月に実施されています。試験は不動産適正取引推進機構(RETIO)が実施していますので、試験日時の確認や申し込みなど、ここは丁寧にチェックしておきたいところです。事前に揃えておくべき書類なども少なくないので、直前になって慌てることがないように準備を進めておきましょう。

 

  • 試験は全50問、4つの選択肢から解答を選ぶ

 問題は全50問で4つの選択肢から正しい答えを選択していく形式ですが、ひっかけのような問題もあるので、よく熟読して答えるよう心がけましょう。「50問なんて余裕だ」とゆっくり構えていると時間が足りなくなることもあり得ます。

 

  • 大きな枠組みで捉える

 試験の内容は直接関係する「宅建業法」「権利関係」「法令」がメインで、出題の比率もこの3つからが圧倒的に多いです。言葉を返せばこの3つを集中的にこなしておけば、ある程度の点は見込めるということです。ただしこの比率が変わることも、難易度が上がることもあるので要注意です。

 

 欲を言えば関連性のあるニュースなどによる影響もないとは言い難いので、法令や規制の面も頭に入れておきたいところです。

 

  • 40点を固めておくと安心

 宅地建物取引士の資格試験の合否は、実は難易度に影響されません。難易度が上がれば合格ラインは下がりますし、難易度が下がればラインは上がります。「今年は簡単だったから、自信がある」という時は、合格ラインも上がっているので油断禁物です。そういう意味で40点を固めておけば安心です。

 

  • 試験内容は「宅建業法」「権利関係」「法令」がメインで、40点が取れれば安心と言えるライン。

 

テキストを数回読めば合格する試験ではない

 資格試験にも様々なものがありますが、宅地建物取引士の試験はテキストを数回読めば合格できるようなものではありません。法令などは内容を理解した上で暗記も可能でしょうが、権利関係はそういうわけにはいきません。

 

 基本的な部分が理解できていないと応用も理解困難になりがちですので、自分の得手、不得手を把握した上で十分に勉強時間を充てましょう。

 

 試験結果は11月または12月に発表されます。毎日貴重な時間を宅地建物取引士試験の勉強に充ててきた成果が明らかになります。

 

 結果が不本意なものであったとしても、また翌年にチャレンジすればいいのです。宅地建物取引士の試験はリピーターの多い試験でもあります。トライしているうちに傾向が分かってくることもあります。失敗の経験を翌年に活かすためにも、今年の試験結果をよく分析して対策を練ることが大事です。

 

本記事は2017/08/01の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する