宅地建物取引士になるには

職業:宅地建物取引士

20views

imasia_14539503_M

 

宅地建物取引士になるためのステップ

 宅地建物取引士になるには、資格試験に合格し、都道府県知事に届け出て登録し、宅地建物取引士証の交付を受ける必要があります。重要事項の説明などを行う際にお客様にこの宅地建物取引士証を提示し、説明する必要があるからです。

 

  • 宅地建物取引士の間口は広い

 まず最初のステップは宅地建物取引士の資格試験に合格することです。宅地建物取引士の資格試験を受けるための間口は広く、国籍や年齢などによるハードルは一切ありません。未成年であっても高齢者であっても受験することができます。時折この合格者について話題になることがありますが、国家資格でありながら間口がかなり広いのが、宅地建物取引士試験の特徴です。

 

  • 出口は狭くなってくる

 試験に合格して登録しようとすると、ハードルが上がってきます。まず実務経験の有無が問われることになりますが、不動産会社に勤めていて営業しているなどという場合は「2年間」という基準を満たせば問題なく登録できます。

 

 この他に、これらの要件に該当しない旨を定めた項目があり、未成年者はこの段階で登録はできないとされています。後見を必要とされる者、破産して復権を得ない者などの項目があります。社会の様々な要請によって変わってくる部分もあるので、登録をする際には確認しておきましょう。

 

  • 実務経験がない場合は講習を受けることで代替えできる

 せっかく資格試験に合格したのに、実務経験がないので登録できないという人たちのために、講習会への出席をもって代替えの手段とされています。

 

 講習の内容は取引の実務に関するものがメインで、仕事をしながらだと時間的に難しい部分があるかもしれません。けれどもせっかく合格した試験ですから、資格を有効に活かすためにも、このチャンスを生かして宅地建物取引士としてのスタートを切りたいものです。

 

  • 資格試験の間口は広いが、登録となると人数が絞られる。実務経験がない場合は講習会の出席が代替え手段となる。

 

本記事は2017/08/01の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する