残業なし・激務でない宅地建物取引士の求人

職業:宅地建物取引士

27views

imasia_5540169_M_R

 

「残業が全くない」という働き方は難しい

 宅地建物取引士の仕事は人間相手の仕事になりますので、全く残業なしということはありません。物件の調査や契約書などの準備は勤務時間内にできたとしても、契約は基本的にお客様の都合に合わせて設定されますので、勤務時間の時間の変動はあり得ると考えていた方が良さそうです。

 

事務系であっても激務の場合も

 営業職は激務だから、事務系であれば残業が少ない、とは一概には言えません。建売住宅や分譲マンションなどの販売メインの会社、賃貸メインの会社だと取り扱い物件数そのものが多く、契約の頻度が高いので作成する書類も多いはずです。

 

 物件の写真撮りやホームページへのアップなども担当する場合は、これらの業務も並行して処理しなければなりません。時間内に処理できれば良いでしょうが、問い合わせへの対応や雑務が入ることもあるので結局は処理能力次第ということになります。

 

 事務系は直接お客様と接する職務ではないので対人面での煩雑さとは無縁かもしれませんが、仕事の内容が異なるだけで決して楽ということはありません。ただし数字に追われ、ことによると休日出勤も多いであろう営業職と比較すれば、多少は落ち着いて仕事に向き合うことは出来ます。

 

  • 事務系の職種だから楽とも限らず、物件数や契約件数が多ければ激務の可能性も大いにある。

 

地元密着型の企業なら定時退社もあり得るが、事前に確認を

 では企業規模ではどうかと言えば、都市部に比較すると地方の地元密着型の企業の方が残業も少なく、定時での退社がしやすい印象があります。しかしこれも企業の業務内容によりけりなので、どうしても「残業なし」にこだわるのであれば、面接時にきちんと確認する必要があります。

 

 物件の動きが緩やかなエリアでは残業の必要性も少なくなりますが、取り扱い物件の種類によっては特定の時期は多忙ということもありますし、企業側の都合もあります。入社してから「こんなはずではなかった」という食い違いを防ぐためにも事前によく調査し、意志を共有しておくと後々トラブルになることを防げます。

 

 更に小規模企業であっても、仕事の大部分を1人で担当するような場合は残業も当然に発生します。定時で帰宅できるかできないかは自分の仕事次第なので、繁忙期は激務になる可能性があります。

 

  • 物件の動きが緩やかな地元密着型の企業は比較的定時退社しやすいが、業務内容や時期にもよる。小規模企業も担当業務の範囲が広ければ激務になり得る。

 

本記事は2017/07/31の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する