高年収の宅地建物取引士の求人

職業:宅地建物取引士

24views

imasia_13660654_M_R

 

勤務先や地域によって年収は様々

 宅地建物取引士の給与、年収に関しては、企業側の裁量に依るところが大きく、一概には言いにくいものがあります。企業規模や職種などによっても様々ですし、地域によっても変わってきます。印象のみから言えば大企業ほど年収が高く、福利厚生面がしっかりしているイメージです。

 

宅地建物取引士で高年収が期待できる働き方は?

  • 歩合が付く開発や営業は高年収も

 宅地建物取引士の資格を持つ営業職などは歩合給がつくこともあり、高年収が見込めます。不動産や関連職に携わる営業職はお客様からの信頼を得やすいですし、責任を負うと同時に自信にもつながります。

 

 宅地建物取引士の資格のない営業の方が気楽のような気がするかもしれませんが、この責任と自信はコインの裏表のようなものなので、経験を積んでいくに従って、仕事に広がりと奥行きをもたらしてくれると同時に、成長させてくれます。

 

  • 宅地建物取引士+αなら、より高年収も

 宅地建物取引士のみで高年収を求めるのが難しいとしても、+αの資格を併せ持つことで高年収が望めます。特に建築士や司法書士などの難易度の高い資格は歓迎されますし、需要が途切れることもほぼありません。

 

 不動産投資系に興味があるなら、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザーなどの資格を持つことで宅地建物取引士の資格も活かせますし、お客様からの信頼度も上がります。

 

  • 都市部や人気のエリアの方が高年収

 大企業などでは給与は一律同水準かもしれませんが、地価が高いエリアや人気のエリアで仕事をこなす方が高年収を望めます。近年では外国人観光客のインバウンドを見込んだ観光地や商業地が人気で、それだけ需要が高く、物件も動きます。住居地を選べるのであれば、こうしたエリアで動く方が忙しい代わりに歩合も期待できて、なおかつ勉強にもなります。

 

 不動産の価格が歩合給も含めた年収に関わってくるのは致し方ないところなので、転職の際にはよく見極めることが大切です。

 

  • 歩合給がつく営業職や、物件が動きやすい人気エリアでの勤務は、高年収につながりやすい。宅地建物取引士以外に難易度の高い資格を併せ持つことでも高年収が期待。

 

本記事は2017/07/31の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する