宅地建物取引士の転職と面接

職業:宅地建物取引士

19views

imasia_12354199_M

 

宅地建物取引士の面接で注意すべき点は?

 宅地建物取引士だからといって転職の面接で特別に留意すべき点はありません。ただし、いくつか押さえておくと良いポイントはあります。

 

  • なぜ宅地建物取引士の資格を取ったのか

 宅地建物取引士としての経験の有無に関わらず、このように質問される可能性はかなり高いです。資格を取得するに至った動機は人それぞれですので、奇をてらわずに素直に受け答えしましょう。

 

  • 宅地建物取引士としての経験は詳しく伝える

 職務経歴書などに自分が経験してきた仕事の詳細を書くでしょうが、面接時にも質問されることがよくあります。その際、できるだけ詳しく説明する必要があります。宅地建物取引士と言ってもその仕事内容は会社や職種によって様々です。

 

主に事務的な業務を受け持ち、契約書や重要事項説明書の作成を行っていたということであればパソコンでの作業はできるというアピールなりますし、物件の写真撮影やホームページへのアップも可能であれば尚更です。

 

物件の調査、接客や営業の経験も同様です。宅地建物取引士として契約を行った経験も具体的に伝えると良いでしょう。

 

企業においてチームとして行ったプロジェクトなども、尋ねられたら出し惜しみせずに簡潔に述べます。一匹狼ではなく、会社の一員として周囲と協調できるというアピールにもなります。

 

 実際以上に自分の経歴を飾り立てる必要はありませんが、宅地建物取引士としての自分のキャリアを伝えることは重要です。宅地建物取引士としてどの程度の実務が行えるのか、知識はどうなのか、採用する際の重要な判断材料になります。この場合、謙遜は美徳でも何でもありません。

 

  • 稀にテスト的な質問をされることも

 ごく稀に、簡単なテスト的な質問をされることがあるかもしれません。内容はごくごく常識的な不動産に関係するもの、建ぺい率や容積率とは?といったものから、最近の地価や時事的なものまで様々です。

 

 話題や問題になっている事柄について「どう思う?」と聞かれることもあります。社会や世の中に対するアンテナは、常にピンと立てておきたいものです。

 

  • 宅地建物取引士としての知識や経験があれば、面接の場で詳しく伝えて、存分にアピールする。

 

本記事は2017/07/31の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する