宅地建物取引士の転職と年齢

職業:宅地建物取引士

17views

pixta_22590532_M

 

宅地建物取引士の転職と年齢

 宅地建物取引士としての資格を活かせる業界は不動産業界のみならずハウスメーカーや金融関連など様々あり、年齢について一概には言いにくいものがあります。しかし他業種との比較からすると年齢制限は緩やかで、特に対人関係が重要視される営業職にあっては年齢よりもこれまでの実績や経験が物を言う傾向があります。

 

  • 30代までなら未経験でも

 大手企業と小規模な組織では違うでしょうが、未経験でも宅地建物取引士の資格を所有していれば、若年層であれば採用される確率は高いです。これは「育ててみよう」という企業サイドの意思があるからで、宅地建物取引士に限ったことではありません。そういう意味では資格の重みは余り感じられないかもしれませんが、企業の中で仕事を身につけながら宅地建物取引士としての幅を広げる機会だと捉えると良いでしょう。

 

  • 30代後半になると、それなりの志望動機や経験が要求されることも

 「今まで他業種で働いていたため、宅地建物取引士の資格は持っているけれども実務経験はなく、ついては御社で宅地建物取引士としての経験を積みたい」という場合でも、需要があるかもしれません。

 

 この場合重要なのは「なぜ宅地建物取引士なのか」「宅地建物取引士として、どのような仕事をしていきたいと考えているのか」について、自分の考えを明確に告げられるように、整理しておく必要があるということです。

 

 営業職の経験を活かして不動産業界に転職したい、そのスキルアップの手段として宅地建物取引士の資格を取得した、というのなら活かしようもあるでしょうが、30代後半以上の他業種からの転職だと、この「動機」の部分に一定の説得力が要求されます。

 

  • 年齢が高くなるほど経験が重要視される

 営業経験が豊富な宅地建物取引士なら、ある程度の年齢であっても転職は可能です。営業職という特質上、人間関係を築き上げる能力やコミュニケーション力を要求されることが多く、ある程度経験を積み上げてきた方が望ましいという部分もあります。同業内での転職ならば即戦力であることも大きな要素です。

 

 ただし宅地建物取引士としての実務経験や営業マンとしてのキャリアを積み上げるほど、「どこに行っても通用する」という慢心に陥りやすくなるものです。転職の多い業界とはいえ、独立開業するのでない限り「転職の動機」は付いて回るということだけは心に留めておく必要があります。

 

  • 若年層であれば実務未経験者でも採用の可能性は高い。30代後半になると、それなりの経験や、採用側を納得させられるだけの志望動機が求められる。

 

本記事は2017/07/31の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する