宅地建物取引士の年収相場

職業:宅地建物取引士

19views

pixta_15022902_M

 

宅地建物取引士の年収相場はどれくらいか

  • 宅地建物取引士だからと言って、年収が高いわけではない

 宅地建物取引士は、独立開業して事業を行うのでない限り、どこかしらの企業に所属することになります。その企業の給与体系に則って支払われる給与水準が、宅地建物取引士の年収ということになります。宅地建物取引士だからと言って、特別に年収が高いということはありません。

 

 ただし宅地建物取引士の資格を持っていると、給与以外に資格手当てが支給されます。この額も企業によって様々なので、一概にいくらと断言することが難しいのですが、最低1万円程度から、上限は5万円くらいというのが相場です。つまり通常の給与以外に、1万円から5万円程度の幅で資格手当てが支給されることになります。

 

  • エリアや業務内容によっても変わってくる

 ひと口に不動産業と言っても、業態やメインに据える業務によって企業に入ってくる収入が変わってきます。売買がメインか賃貸に重きを置いているのかによっても違いますし、都市部と地方によっても大きく変わってきます。

 

 近年土地の価格は緩やかながらも下落基調であり、一部の限られたエリアにおいては上昇傾向にあります。土地の価格においても二極化が進んでいると言われるゆえんですが、不動産も需要と供給の影響を大きく受けます。同じ不動産業とはいえ、取り扱うエリアによって金額が大きく違ってくること、会社の規模や業績が大きく違ってくることを念頭に置いておく必要があります。

 

  • 職種によっても年収は変わる

 また、宅地建物取引士を活かして携わる職種によっても年収が変わってきます。多くの場合、営業職には歩合給というものがあります。都市部の物件の需要が多いエリアでバリバリ営業をかけられる営業マンは歩合給も増るでしょうし、歩合給のない事務職や専門職の場合は基本給のみです。同じ企業の中でもこれだけで年収は大きく変わってくることになります。

 

  • エリアは変えられないとしても

 宅地建物取引士の資格を取得したけれど実務経験がないので不安だという場合は、事務職や専門職から経験を積んでいくのも1つの道です。一方で、人と話す、人と接するのが好きだというなら、最初から営業マンとしてスタートするのも道です。

 

 事務職や専門職に身を置くことで契約書や実際の契約における実務能力を磨くことが出来ますし、営業の場では契約に結びつけるまでのヒューマンスキルを磨くことが出来ます。宅地建物取引士としての資格をどの方向に向けて生かしていくかは自分次第です。

 

  • 宅地建物取引士を保有していると数万円の資格手当が付く。また、所属する企業規模や業務内容、エリアによっても年収が変わる。

 

本記事は2017/07/31の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する