宅地建物取引士の魅力とやりがい

職業:宅地建物取引士

55views

imasia_7848123_M

 

高額な物件が動くワクワク感と責任

 宅地建物取引士の魅力は、何と言っても高額な不動産取引に関わることが出来るところにあります。通常の商取引では考えられない金額を扱うために、取引がまとまった時の達成感は他では得難いものがあります。

 

 また不動産取引は個人にとってそう何度も経験することではなく、快適なマイホーム作りや資産形成のお手伝いをして喜んで頂けることは、これからの励みにもなります。

 

 ただし高価な金額が動くだけに、その責任にも重いものがあります。調査の手を抜くと後々トラブルの原因になる可能性があり、最悪の場合は裁判で争うことにもなりかねません。こちらに非があると認定されれば、会社や宅地建物取引士の免許にも影響が及びます。

 

 これらはある意味プレッシャーともなりますが、それだけ重要な仕事なのだということの裏返しでもあるのです。

 

  • 高額な不動産取引に関わった時の達成感は非常に大きいが、責任も重く、重大な仕事である。

 

企業に勤めていても様々なチャレンジが出来る

 不動産を扱う企業において、仕事の幅を広げたいと思うことがあります。賃貸ばかりではつまらない、土地の仕入れにも挑戦してみたい、資産管理はどうだろう、などということです。

 

 企業の中で他部門に手を出すことは難しいかもしれませんが、宅地建物取引士の資格を持っていると業務にプラスになると判断されれば、修行的な意味で許されることがあります。また「宅地建物取引士なんだから、あちらの分野の勉強もしてきなさい」と抜擢されることもあり得ます。こうした経験は、自身のキャリアにとって必ずプラスになるはずです。

 

  • 企業の中でも他の部門に挑戦しやすく、自身のキャリアアップに繋げられる。

 

キャリアを築いたら独立開業も

 経験やキャリアを積んでくると、この方向に進みたい、自分の力を試してみたいなどの思いが湧き上がってくることもあるでしょう。この場合にも地建物取引士の資格は有効で、資金さえあれば独立開業も夢ではありません。

 

 会社勤め時代には難しかった自分の夢、この分野に特化した不動産会社を興したい、この分野を深く掘り下げたい。宅地建物取引士の資格はそうした夢を現実に変える、有効なツールとなってくれます。

 

 一つの会社で地道にキャリアを築いていくもよし、思い切って独立開業するもよし。他の業界に比べて比較的転職の多い不動産業界ですが、無責任に仕事を放り投げるのでなければどこでも自分のキャリアを磨いていくことは可能です。

 

 企業に勤めてキャリアを築く道以外にも、法的な側面や経済の動きを推し量る上で宅地建物取引士の勉強は無駄ではありません。不動産や宅地建物、住宅の動向は、日本経済とも密接につながっているものだからです。

 

 宅地建物取引士の資格試験はこれからますます難しくなっていく可能性もありますが、資格取得はスタートラインに立つことです。この先どう走ってどのゴールを目指していくのかを決めるのは自分自身です。

 

  • 専門分野に特化した不動産会社を起業するなど、独立開業も可能。

 

本記事は2017/07/30の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する