宅地建物取引士の採用先の分類

職業:宅地建物取引士

30views

imasia_14419131_M

 

宅地建物取引士を活かして働ける業界

 宅地建物取引士の資格を取得していると、どのような業界で資格を活かすことが出来るのでしょうか。分かりやすいところから言うと、不動産業界、住宅販売会社、金融関連業界などで活かすことが可能です。

 

不動産会社、不動産関連

 宅地建物取引士の資格を活かすには、まずこれ抜きには語れない業界です。不動産会社では従業員数に対する宅地建物取引士の数を定めているため、常に一定数の需要があります。しかし従業員に宅地建物取引士の資格取得を奨励または義務付けしている会社も多く、実務経験や営業の経験が問われる場合もあります。

 

 またひと口に不動産会社と言っても売買が主体なのか賃貸が主体なのか、中古住宅を専門に取り扱っているのかによって仕事内容が変わってくることを念頭に置いておく必要があります。

 

 売買が主体ならば物件の調査や確認は必須でしょうし、賃貸が主体ならば入居者の入退去管理や仲介、契約などの業務の比重が大きい可能性があります。中古住宅をメインに取り扱う場合は物件の調査などの他に、住宅に関する知識や査定業務、リフォーム関連の知識の習得が望まれることがあります。

 

 更に不動産投資会社なら物件の調査以外により専門的な金融関連の知識が要求されるでしょうし、宅地の開発や分譲まで手がけていれば土地の仕入れや地主さんとの交渉が業務のメインになることもあります。

 

 不動産業界も多種多様です。具体的にどのような仕事を行うのか確認し、宅地建物取引士の資格を活かして自分がどの方向に進みたいのか探る必要があります。

 

  • 不動産会社では宅地建物取引士の需要が常にあるが、取り扱う内容(売買・賃貸・中古住宅など)によって仕事内容が変わってくる。

 

住宅販売会社、ハウスメーカー

 不動産業界と比較すると重要度は落ちるかもしれませんが、住宅販売業界でも宅地建物取引士は一定の需要があります。

 

 業務内容はそれぞれの会社によって様々でしょうが、住宅の購入を希望する顧客のための土地探し、現在の住宅を売る場合の売却先探しなどが考えられます。また開発や分譲も手がけているのであれば、分譲用地の仕入れが業務の大部分を占めることになるかもしれません。

 

 工務店やハウスメーカーが建てた建売住宅の販売を専門に行う会社もあります。この場合は売買の営業に重きが置かれると共に、宅地建物取引士が少ない場合は宅地建物取引士としての仕事の比重が大きくなることがあります。自分の営業をこなしながら、ハウスメーカーとの打ち合わせや書類の作成、契約の締結まで行わなければなりません。

 

 他の営業マンの契約にまで駆り出されるのは不本意かもしれませんが、宅地建物取引士としての実務経験を積むまたとない機会とも言えます。

 

  • 住宅販売業界では、土地探しや売却先探し、用地仕入れがメインであったり、売買営業と宅地建物取引士の業務を兼任するケースもある。

 

金融関連、ローン関連、資産・不動産管理部門

 金融関連会社やローン関連会社でも宅地建物取引士の資格を活かすことが出来ます。不動産はローンの担保となることも多く、宅地建物取引士の知識や経験が役立つ機会が多いです。ただこの場合は不動産の権利関係や物件の調査などにより高い専門性が望まれる可能性があり、ローンや金融関連の知識の習得も要求される可能性が高くなります。

 

 その他に宅地建物取引士の資格を活かせる仕事としては、企業や団体の資産管理部門、不動産管理部門などが考えられます。

 

 宅地建物取引士の資格はとても有用なものですが、他の資格を併せ持つことによってより価値を高めることが出来る資格でもあります。

 

 宅地建物取引士と住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引士とファイナンシャルプランナー、宅地建物取引士と1級・2級建築士、宅地建物取引士とホームインスペクターなど、宅地建物取引士単体ではなく、自分の志向や方向性に合わせてキャリアを磨いておくと仕事の幅が大きく広がることにつながり、この先の道も大きく拓けます。

 

  • 金融会社やローン関連会社、企業の資産管理部門、不動産管理部門なども、宅地建物取引士の活躍先として挙げられる。

 

本記事は2017/07/30の情報で、内容は宅地建物取引士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する