男性保健師の勤務事情

職業:保健師

10views

imasia_14724968_M

 

男性保健師は増加傾向も現状1割以下

 男性にも保健師免許が与えられるようになったのは1993年になってからです(1994年3月の国家試験で男性保健士が誕生)。それ以降、徐々に男性保健師は増えてきているものの、まだ1割にも届きません。

 

 保健師が数十人勤務するような大きな自治体であっても、男性保健師が1人いれば良い方です。男性保健師が勤務する職場は、「保健師そのものが多い自治体」か「企業」であることがほとんどです。

 

性別によって業務に差はない

 保健師は男性だから、女性だからということで担当する業務に違いはありません。

 

 ここでは、ある自治体で働く20代の男性保健師(Aさん)を例に挙げます。Aさんは採用後、母子保健業務を主に任されました。他の保健師と同様に、乳幼児健康診査で問診を行ったり、家庭訪問で新生児や乳児とその母親の状態を確認するという業務があります。

 

 こうした日々の業務の中で、住民から「男性だから」というクレームが来ることがありませんでした。Aさん自身にも、「お宅を訪問することに抵抗はなかった」とのことです。一人の保健師として、専門職として業務を行っています。

 

 Aさんはその後、他の保健師と同様に感染症分野、精神保健分野、老年保健分野などに異動となり、経験を積んでいます。

 

  • 母親の希望があれば、女性保健師が家庭訪問を行うことも

 ただし、初めての出産を終えた母親と新生児の家庭訪問の場合、ケースによっては乳首の含ませ方、乳房マッサージの方法などを指導することもあります。「男性保健師に指導されるのは、ちょっと」と抵抗がある方の場合は、事前に調整をして女性保健師が対応することもあります。

 

本記事は2017/07/21の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

保健師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!保健師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する