非正規雇用の保健師求人を探すなら

職業:保健師

18views

imasia_13738553_M

 

 最近では、アルバイト、パート、派遣社員などフルタイム以外で働く保健師も多くなっています。ここでは、そのような非正規雇用の保健師求人事情について見ていきます。

 

行政保健師の非正規雇用求人

 正職員であれば、春に採用情報が各自治体のホームページ等に掲載されます。しかし、自治体の非正規求人は不定期に出されます。強いて言えば、求人情報が多くなるのは冬になります。というのは、4月に契約更新となることが多く、1月から3月にかけて採用試験を実施する自治体が多いためです。

 

 求人情報は正職員と同じく自治体のホームページに掲載される場合もあれば、ハローワークや都道府県ナースセンターから出されることもあるため、どちらも定期的にチェックするようにしましょう。試験は面接試験のみのことがほとんどで、正職員の採用試験のように学科試験が課されることは少ないです。

 

 雇用期間は半年毎あるいは1年毎の更新制となることが多く、更新時期が近づくと簡単な面接を行い、本人と人事側の合意があれば更新となります。ただし、自治体によっては連続して3年までしか働くことができないという規定があります。この場合は、求人票に記載されている「雇用期間の定めの有無」についてよく確認するようにしましょう。

 

 自治体によって臨時保健師に任せる業務は異なりますが、乳幼児健診、妊産婦や乳幼児の家庭訪問、特定保健指導などマンパワーが必要となる事業に携わることが多いです。

 

産業保健師の非正規雇用求人

 企業が産業保健師を雇う際には、まずは非正規雇用の保健師として雇い、一定期間勤務態度等を見た上で正規雇用として雇うという方法をとっている企業も少なくありません。一定期間とは1年くらいのところが多いです。

 

 産業保健師は人気の高い職種のため、産業保健師を目指す人は、こういった企業の傾向を踏まえ、雇用形態に関係なく求人情報を検索するなど転職活動の際は工夫が必要です。

 

医療機関の保健師の非正規雇用求人

 地域包括支援センターや病院の保健師はほとんどが正職員の求人となります。ただし、健診機関であれば、いくらかパート保健師の求人も出されています。健診施設によって1日の勤務時間や1週間の勤務日数は様々で、保健指導に加えて採血等看護技術が必要となることもあるため、応募前によく確認するようにしましょう。

 

 求人情報はハローワークやナースセンターに加えて、民間の転職サイトからも出されることがあるため、それぞれをチェックするようにしましょう。

 

学校保健師の非正規雇用求人

 学校保健師の中には1日8時間、週5日勤務であっても非正規雇用求人として出されているケースもあります。このようなケースでは、契約が更新となる半年毎または1年毎に10日程度のまとまった休みが与えられ、正職員と区別しています。

 

  • 単発(スポット)の保健師求人について

 1日のみまたは月に数日のみの単発の保健師求人もあります。例えば、企業の新採用職員のメンタルヘルス相談、イベントの救護係、高校生の修学旅行への同行(養護教諭の代行として)、個人宅や企業に訪問して特定保健指導を行うなどがあります。

 

 こういった求人情報は民間の転職サイトやナースセンターから出されることが多いです。保健師としてブランクのある人や、育児・介護などでフルタイム勤務が難しい人にお勧めの求人と言えます。

 

本記事は2017/07/21の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する