50代の保健師の転職例・体験談

職業:保健師

35views

市の保健師を退職してから数年後、ナースセンターの相談員へ(57歳・女性)

 

女性(50代)

 私は専門学校を卒業後、地元の市役所に保健師として入職し、55歳まで働いてきました。ですが、55歳のときに夫が大腸がんと判明し、看護のために退職しました。夫は私が退職後1年足らずで亡くなってしまったのですが、長年外で働いてきたため、専業主婦というのも苦痛で、もう一度保健師として働きたいと思うようになりました。

 

 主婦業と並行して、求職活動をしていたところ、現在の県ナースセンターの相談員という職種を知りました。ナースセンターと聞くと、私には看護師の経験がないため応募資格がないのでは、と心配しましたが、看護師・保健師・助産師のいずれかの免許さえあれば大丈夫ということでした。

 

 ナースセンターでは平日5日間のうち3日間勤務します。病院などから提出された看護職の求人票の登録を行ったり、看護職の求職者への相談に応じたり、面接日程や職場見学の調整を行ったりします。

 

 転職した当初はパソコンを使った作業が多いため、業務に慣れるまでは苦労しました。求職者の相談業務は市役所時代と通じる部分があるため、以前の職場の経験も活かされていると感じています。

 

県庁保健師を定年退職後、短時間再任用職員へ(60歳・女性)

 

女性(50代)

 私は専門学校を卒業後、県の保健師として定年まで従事してきました。県庁時代の若い頃は各保健所に配属されることが多く、中堅以降になってからは本庁勤務になることも増えました。

 

 正職員としての最後の年度になると、退職してからの意向調査があります。私たちの年代は「①フルタイム勤務の再任用職員」「②短時間勤務の再任用職員(週4日勤務など)」「③退職(①・②のどちらも行わない)」という選択肢がありました。

 

 私は生活のこともあるため、②を選択しました。私が働いている県の場合は正職員時代と違い、配属先について希望を考慮してもらえます。私は意向通り、県人事課内の健康管理室に短時間再任用職員として従事することになりました。

 

 主な業務は県職員の健康管理で、一般的な健康診断・特殊検診の進行管理、メンタルヘルス事業、新採用職員への健康講話や個別健康相談など多岐に渡ります。

 

 これまでは長年地域保健分野に携わり、県民や市町村職員が対象となっていたため、予想はしていましたが勝手の違いに少し戸惑いもありました。しかし1年が経過してみて、対象が職員ということで以前よりも限定されているため、顔の見える関係になったこと、ある程度成果も見えやすいということなどから、やりがいを感じています。

本記事は2017/07/14の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する