40代の保健師の転職例・体験談

職業:保健師

17views

育児休業後、市の臨時保健師(職員用保健室勤務)として採用(42歳・女性)

 

女性(40代)

 私は35歳まで一般病院で看護師として働いていました。2交代制勤務の病院で、産休に入ると同時に退職しました。身体的に夜勤が厳しかったこと、子供を夜間預ける場所がないこと(夜勤の際)、大学時代に保健師免許も取得していて、ゆくゆくは保健師として働きたいという思いがあったためです。

 

 現在は数年のブランクを経て、市の臨時保健師(1年更新)として職員用保健室に勤務しています。9時から16時まで、平日のみの勤務で残業はありません。

 

 看護師時代に比べると、体はとても楽です。また、子供の保育園のお迎え時間の心配もないというメリットも大きいです。

 

 保健師の主な仕事は、月1度の健康情報誌の発行(ワードで作成します)、体調不良者への対応、健康診断の補助(年に数回、正職員と一緒に行います)、健康相談・指導です。

 

 体調不良者は与薬(頭痛薬など)だけのこともあれば、つわりがあるため、短時間ベッドに横になりたいという人もいます。患者数は日によってまちまちで、ほとんど訪問のない日もあれば、1時間に集中して5人くらいという日もあります。

 

 また、市役所内にある保健室のため、本来は市職員用の保健室なのですが、市民の方に急病者が出た際は救急隊が到着するまでの間、対応に当たることもあります。具体的にはバイタルサインの測定、心臓マッサージやAEDを使った除細動がメインです。

 

 こういった処置を行っている際は看護師としての経験が活かされているなと感じます。プライベートの時間も確保しつつ、仕事のやりがい・充実感の得られる今の仕事は自分に合っているなと思います。

本記事は2017/07/14の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

保健師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!保健師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する