ブランク明けの復職に向いている保健師求人を探すなら

職業:保健師

24views

imasia_13543222_M

 出産や育児、家族の介護、自身の病気やケガなど仕事を休む理由は人によって違います。ここでは、様々な理由で1年以上保健師を休業することになった人向けの求人について例を挙げていきます。

 

①、1日だけの単発の派遣業務

 1日だけの業務のため、心身への負担は大きくなく、また今の自分にはどれくらいできるのかといった感触を掴むためにもブランク明けには良い求人です。勤務時間は数時間のものから10時間以上に及ぶものまで様々ですが、求人票に事前に日時が出ていることが大半ですので、自分の都合に合わせて応募ができるのも魅力の一つです。

 

 具体的な仕事内容は、「企業の新採用職員のメンタル面の健康チェック」「高校の修学旅行の引率(養護教諭の代行として)」「イベントの救護」「特定保健指導」などが多いです。

 

 この中で最も多い求人は「特定保健指導」で、年間を通して複数の派遣会社が募集している地域もあります。初回の面接指導以降も電話やメール(基本的に在宅での指導)での指導が必要となるため、電話やメールができる環境が整っている必要があります。

 

 その他の求人も毎年同じ時期に転職サイトやハローワーク等から出されることがあるため、事前に求職登録をしておくと良いでしょう。

 

②、非正規雇用(1年未満・更新なし)の求人

 基本的に、産休・育休代替としての求人がほとんどのため、前述した単発の派遣業務よりも不定期な求人となります。自治体保健師や産業保健師の代替を募集しているケースが多いです(元々それらの保健師数が多いということが影響しています)。

 

 この場合、注意しなければならないのは、担当する業務内容が正職員とほとんど変わらないこともあるという点です。職場によっては残業も行うこともあるため、事前に勤務時間や業務内容等をよく確認しましょう。

 

③、非正規雇用(半年や1年毎の更新)の求人

 ①、②よりも多いのがこのタイプの求人です。自治体の臨時職員であれば年度末(1~2月頃)に募集することが多いです。忙しい自治体では、ほぼ毎日乳幼児健診や家庭訪問などを担当し、合間を見て発送業務や電話連絡などの事務作業をこなすことになります。

 

 勤務時間内は正職員と同じような仕事内容になることもあるため、事前に情報収集することが大切です。ただし、他の種類の非正規雇用求人と異なり、残業することはほぼありません。

 

 産業保健師の非正規雇用求人も比較的多いです。勤務態度等を見て正規採用となる場合も多いため、面接時までに確認しましょう。他の非正規雇用求人よりも残業時間が多い傾向にあります。中には月20時間から30時間という企業もあります。ブランク明けの場合は、休業前と同じ仕事を任されても疲労度が違うものですので注意しましょう。

本記事は2017/07/14の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する