正社員の保健師求人を探すなら

職業:保健師

17views

imasia_13109238_M

 

 正社員の求人が多いのは、「行政保健師」「医療機関(病院、健診機関、地域包括支援センター)の保健師」「保育施設の保健師」の3つです。

 

 人気の高い産業保健師の求人は、はじめは非正規雇用として出されるケースが多いです。採用後1年程度は勤務態度等を見て、成績が良ければ正規採用をするという流れが一般的です(ただし、中には正規採用となる可能性のない求人もあるため、事前によく確認することが大切です)。

 

 ここでは、職場別に保健師の正社員求人事情について見ていきます。

 

①、行政保健師

 行政保健師の正職員の募集案内は、都道府県であれば4月頃、市町村であれば4月~8月頃に各自治体のホームページ等に掲載されます(非常勤職員や臨時職員は不定期でハローワークや都道府県ナースセンターから出されることが多いです)。

 

 一度に採用される人数は、他の種類の保健師よりも多い傾向にあるものの、多くても5人までというところがほとんどです。

 

 一次試験では筆記試験(教養問題・専門試験)を課す自治体が大半です。この筆記試験を通過しなければ面接を受けられない場合もあるため、しっかり対策をしましょう。

 

②、 病院の保健師

 病院の保健師の求人はほぼ正社員となります。看護師と同様の業務内容を行って夜勤も行う場合、高収入が得られる求人となります。ただし、その分ハードワークになるため、病院保健師の求人の場合は事前にどのような業務に従事することになるのか確認することが大切です。

 

③、健診機関の保健師

 健康診断を行う健診機関の場合、一部非正規雇用の求人もありますが、正社員の求人の方が多い傾向にあります。正社員の場合でも、非正規雇用の場合でも保健指導が主な業務となります。

 

 給与以外の違いとしては、施設外のより遠方への出張指導が多いことです。例えば、非正規雇用の場合は同一市町村内の出張指導となるのに対し、正社員の場合は同一都道府県内(つまり市町村外になることもあります)の出張指導となることが多いです。

 

④、地域包括支援センターの保健師

 病院の保健師と同様、ほぼ正社員の求人となります。病院保健師の場合は、日曜・祝日ともシフト制で勤務となる場合があります。しかし、地域包括支援センターの場合は日曜・祝日は休業となり、平日のみ運営する施設、隔週または毎週土曜日も運営している施設とに分かれます。

 

⑤、保育施設の保健師

 保育園の病児保育室などで勤務する保健師求人も正社員である場合が多いです。ただし、行政保健師や地域包括支援センターの求人数に比べると、求人数自体がまだ少ないのが現状です。

本記事は2017/07/14の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する