高年収の保健師求人を探すなら

職業:保健師

12views

pixta_22244036_M

 

 収入が最も高いのは、「大都市圏の大手企業の産業保健師」であることが多いです。また、「行政保健師」「都市圏外や中小企業の産業保健師」もそれなりに高収入の見込める求人と言えます。

 

 どの求人も賞与や昇給のある正社員の方が、そうでない求人よりも収入が高くなるため、一般的に「保健師の高収入=正社員の産業保健師あるいは行政保健師」ということが言えます。ここでは、高収入の見込める上記3パターンの保健師求人について掘り下げて見ていきます。

 

①、大都市圏の大企業の産業保健師

 保健師に限ったことではありませんが、大都市圏にある大手企業の会社員の給料は地方に比べて高い傾向にあります。そういった大企業の従業員となり、社員の健康管理に携わるのが産業保健師です。

 

 地方の産業保健師に比べると月額の給料に10万円以上の差が出ることもあります。さらに賞与も多い傾向があるため、年収が他の保健師よりも150万円以上多くなることも珍しくありません。

 

 ただし、大手企業は全国に支社・支店を持っていることが多いです。そういった企業の正社員の産業保健師となると、全国転勤やある程度の時間外勤務も覚悟しなければなりません。そのため、一定の体力や適応力が求められます。

 

 また、健康診断を自前で行っている企業もあり、採血や簡単な診察介助技術を行うこともあるため、看護師としての臨床技術も求められます。もちろん、個々の企業によって転勤・時間外勤務・看護技術がどの程度求められるかは異なるため、求人に応募する際に必ず確認しましょう。

 

②、その他の産業保健師

 地方の産業保健師や中小企業の産業保健師は、上記の産業保健師よりも収入は幾分下がるものの、保健師全体で言えば高収入と言えます。企業にもよりますが、時間外勤務がほとんどなく、あったとしても月に10時間以下という求人が多いです。

 

 また、全国転勤ということはありません。ただし、「車を運転して月に数回、他の事業所を巡回訪問する」という業務が必要となることがあります。地方の産業保健師を目指すのであれば、車の運転技術を身に付けておいた方が良いでしょう。

 

③、行政保健師

 行政保健師の場合は、産業保健師のように居住地域によって給料が大きく異なるということはありません。

 

 大卒保健師の初任給は20万前後からスタートします。また、毎年4月に定期昇給(毎年6,500円程度アップ)があるため、勤続年数が上がるほど給料は上がります。賞与や退職金も見込めるため、安定していると言えます。

 

 ただし、都道府県保健師であれば、同一都道府県内で転勤があります。また、自治体にもよりますが、産業保健師よりも時間外勤務は多い傾向があります。中には繁忙期には、平日24時近くまで時間外勤務に追われる自治体もあります。

本記事は2017/07/13の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

保健師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!保健師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する