教育機関(大学・専門学校など)の保健師の求人事情

職業:保健師

12views

pixta_21560264_M

 

教育施設での保健師業務とは

 小学校から高校までは養護教諭一種免許を持っていなければ働くことはできません。そのため、保健師免許のみで働くことができるのは専門学校、短期大学、大学ということになります。

 

 主な業務は体調不良者への対応、学生・教員の健康相談・指導、健康診断の計画・実施・結果の管理、健康情報の発信(健康だより等の作成)です。平日の日中のみの勤務で、残業もほとんどないことが多いです。

 

教育機関の保健師求人数・募集時期

 教育機関による求人数自体はあまり多くありません。形態としては、正社員の募集もあれば、任期付きの契約社員(1年ずつの契約更新で、最大3年までで雇用契約終了など)という募集もあります。契約更新時期が年度末であることがほとんどのため、求人が出る時期は1月から3月にかけて多くなります。

 

 求人情報はハローワークや都道府県ナースセンターに出されることが多いため、それらの求人情報を定期的にチェックしたり、求職登録をしておくことをお勧めします。

 

求人への応募条件はある?

 経験不問としている求人も一部ありますが、体調不良者や外傷を負った人への対応を一人で行う必要があるため、看護師としての臨床経験(1年~3年程度)が応募条件になっている求人が多くなっています。

 

 中には「学校保健師」としてではなく「学校看護師」という名称で募集している求人もあります。そのため、教育施設の仕事に関心のある人は、求人情報をチェックする際に看護師という名称で情報検索するのも方法の一つです。

 

  • 日雇派遣の求人を探すという選択肢も!

 冒頭で高校までは養護教諭免許がなければ就業できないことについて触れました。しかし、日雇派遣であれば高校生の修学旅行に養護教諭の代替として同行するということが可能です。

 

 学生や教員に外傷や体調不良者が出た際に処置を行うのがメインの仕事内容です。1日の拘束時間も長い(8時から20時までなど)派遣業務のため、時給換算にすると専門学校などの施設に勤務する保健師よりも高い傾向にあります。

 

本記事は2017/07/13の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

保健師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!保健師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する