医療機関の保健師の求人事情

職業:保健師

13views

imasia_5641568_M

 

 医療機関に従事する保健師としては、「①、病棟勤務の保健師」「②、健康診断やがん検診、人間ドックなどを行う健診機関に従事する保健師」がポピュラーです。それに加えて、「③、地域包括支援センターに従事する保健師」も多くいます(地域包括支援センターは自治体直営の場合もあれば、病院や特別養護老人ホームなどいくつもの施設を運営している民間の医療法人の一施設という場合もあります)。

 

 これらの求人はハローワーク、都道府県ナースセンター、民間の転職サイトのどこに求人票が登録されるか予想がつかないため、3つすべてを上手く活用することをお勧めします。

 

①、病棟の保健師求人事情

 病棟の保健師の仕事内容は大きく分けて2種類あります。一つは看護師と全く同じ業務に従事するタイプです。入院中の患者に対して日常生活援助、検査介助などを行い、病院によっては夜勤があることもあります。

 

 看護師と異なるのは、保健師免許を持っているということで、給料に資格手当が数千円から数万円上乗せされるといったところです。看護師は保健師以上に慢性的な人材不足なため、このタイプの求人は多くあります。そのため、保健師独自の業務がしたいという方は注意しなければなりません。

 

 もう一つは、転院調整や退院調整を主な業務とするタイプです。具体的には役所、地域包括支援センター、転院先の病院などと必要書類のやり取りをしたり、患者本人や家族に対して相談・指導を行います。病院によっては地域連携室などの名称で、執務室が独立しているところもあります。このタイプの求人数は先ほどのタイプに比べて多くはありません。

 

②、健診機関(外来)の保健師求人事情

 健康診断等を行う健診機関は、独立した施設であるタイプと病院が隣接しているタイプがあります。どちらもその施設内で行う業務に大きな差はありません。主な業務は、受診者に対して直接保健指導を行ったり、文書で精密検査の受診状況の確認・勧奨を行ったりします。これに採血や簡単な診察介助が加わることもあります。

 

 独立した健診施設であれば、配属先が異動になることはありません。しかし、病院が隣接しているような場合は、他の部署(一般病棟など)の人手が足りなければ、駆り出されることもあります。そのため、応募時にきちんと確認するようにしましょう。

 

③、地域包括支援センターの保健師求人事情

 地域包括支援センターの保健師は、高齢者が要介護状態にならないようにするプラン(介護予防ケアプラン)を個別に作成することが主な仕事です。その他にも社会福祉士やケアマネージャーと連携しながら、地域の高齢者の様々な相談に応じたり、健康教室の実施、虐待されている高齢者の保護なども行います。

 

 ①、②の求人に比べると、求人数は幾分と多い傾向にあります。地域包括支援センターで働きたいという場合は、ケアマネージャーの資格も持っていると有利になるため、転職活動と並行して資格取得を目指すのも良いです。

本記事は2017/07/13の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

保健師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!保健師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する