保健師の転職時の志望動機・自己PR方法

職業:保健師

96views

imasia_15796619_M_R

 

保健師として転職する際の志望動機のポイント3つ

 保健師に転職する際の志望動機は、異職種からの転職にせよ、看護師からの転職にせよ、「なぜ保健師を志したのか」「なぜ前職を辞めるのか」「なぜこの職場なのか」の3点を必ず押さえましょう。

 

 というのは、転職時の面接ではこの3点について聞かれ、そこで話した内容をさらに掘り下げられることが多いからです。自分の考えをきちんとまとめておきましょう。ここでは、その3点について詳しくみていきましょう。

 

①、なぜ保健師を志したのか

 「保健師という言葉を聞いたことがない」「聞いたことがあったとしてもどんな仕事をするのか分からない」という一般人が多いように、看護師や助産師などの看護職と比べて、保健師の認知度は高くありません。その中で、保健師を志した理由を自身の体験を入れて具体的に話せるように準備しましょう。

 

 学生時代の講義や実習を通して、現場の保健師さんの仕事ぶりに憧れてという場合もあります。また、一度看護師など別の職種に就いて疾患を持った人との関わりの中で「病気に患うようになる前に何か力になりたい」という思いが強くなったという場合も多いです。

 

 これらの志望動機は比較的多いため、自分の具体的な体験をコンパクトにして相手に伝えることがポイントです。

 

②、なぜ前職を辞めるのか

 転職の面接の際は、必ずといって良いほど質問される内容です。ここで注意したいのは、退職理由が人間関係の問題であったり、前職への適性(仕事の量・質)の問題であったりした場合は、ありのままに伝える必要はないということです。

 

 実際には退職理由というのは、こういった消極的理由であることは事実なのですが、履歴書や面接試験は自分をアピールする場です。「保健師としてのスキルアップのため」あるいは「以前から保健師に転職したかったものの採用がなく前職で経験を積んでいた」など積極的な退職理由を話せるように事前に準備しましょう。

 

③、なぜこの職場を選ぶのか

 保健師の活躍する職場は自治体、企業、学校、医療機関、保育園と様々な種類があり、それぞれ業務にはかなりの違いがあります。学生時代の実習は自治体の実習のみのため、その他の業務についてはイメージしにくいものがあります。そのため、業務内容について情報収集しながら、自分がなぜその職場で保健師として働きたいのかを整理しておきましょう。

 

 さらに、職場毎に保健師が担当する業務が異なるケースもあります。例えば医療機関によっては、保健師が看護師と同じように病棟勤務や夜勤を行うこともあります。したがって、一般的な知識だけではく、求人票等で希望する職場についてしっかり情報収集するようにしましょう。

 

保健師の自己PR方法について

 保健師の自己PRは履歴書に記入する際や面接時に必要となります。就職経験のある人はこれまでの職場でどんな業務を主に担当し、そこで何を感じ、学んだのか、今度の職場ではどう活かしていきたいのかを整理しておきましょう。

 

 ここでは職場別に自己PR方法のポイントをまとめていきます。

 

  • 自治体保健師へ転職する場合の自己PRポイント

 配属される部署(母子保健、成人・老年保健、感染症、精神保健など)によってかなり業務に違いがあり、他の種類の保健師に比べると業務の範囲が広いのが特徴です。それでも、他の自治体で保健師経験のある人(臨時職員でも構いません)は有利となりますので該当者はしっかりと経験をアピールしましょう。

 

 また、事業の実施だけでなく計画の立案や評価を行う際にはデスクワークがほとんどになりますので、これらの作業が得意・苦にならないという人の方が向いています。

 

 さらに、自治体は膨大な文書が行き来しますので文書を読み解く能力が求められます。すべての事業は法律に則って行っているため、法律の独特な言い回しに免疫がある人は強いです。加えて、決裁文書・予算書など文書作成能力も求められます。

 

 したがって、地道なデスクワークに加えて、文書読解能力、文書作成能力に自信のある人、またはこれらが苦にならないという人は是非アピールしてください。

 

  • 企業保健師へ転職する場合の自己PRポイント

 メンタルヘルス関係業務の経験は最も大きなアピールポイントになります。従業員から健康相談を受けながらストレスコントロール法を指導したり、メンタル不調に陥った人への対応(メール・電話・訪問)の経験がある人は、対応方法や苦労した点・改善点などを簡潔に伝えられるよう準備しましょう。実践経験のない人でもカウンセラーの資格を持っていたり、人の話・悩みを聞くことが苦にならないというのもPRポイントになります。

 

 また、体調不良者・外傷者への対応することもあるため看護師経験(診療科はさほど重要でありません)は強みとなります。さらに職場によりますが、健康診断結果等の集計・分析、健康だより等の作成、健康講話などを任せられるため、パソコンスキルの高い人も重宝されます。ワード、エクセル、パワーポイントなどを得意とする方は是非アピールしましょう。

 

  • 医療機関の保健師へ転職する場合の自己PRポイント

 医療機関保健師の中でも就業者の最も多い地域包括支援センターの場合について述べます。

 

 地域包括支援センターの保健師は介護予防ケアプランの作成、高齢者を対象とした各種相談が主な業務となります。看護師として慢性期病棟や各高齢者施設での勤務経験のある人は強みとなるでしょう。

 

 また、ケアマネジャーとしての勤務経験のある人は、業務内容がかなり重複するため即戦力となります。こういった実務経験のない人は、「高齢者とのやり取りが好き」「話を聞くことが苦にならない」というのもPRになります。前職までの具体的エピソードを準備しておきましょう。

 

 また、他の職場ではあまり求められませんが、地域包括支援センターや訪問看護ステーションの保健師に必要な能力が車の運転能力です(一部地域を除きます)。社用車は小回りの効くATの軽自動車であることが多いですが、それでも訪問先から訪問先へと(ときには狭い道路を)運転しながら、狭いスペースや路肩に寄せて駐車できる人の方が良いです。

 

 普段あまり運転しない人、自家用車のない人、方向音痴の傾向がある人、運転テクニックに自信のない人などは注意しましょう。逆にこれらに自信のある人は是非アピールしてください。

 

  • 学校保健師へ転職する場合の自己PRポイント

 大学生、専門学校生、短大生及び教員の健康管理を担う学校保健師は、意外にも事務処理が多くなります。健康診断の実施と一言で言っても受診者数の把握、必要な検査項目、日程管理、支払い、結果の集計・分析など健診当日よりもその前後の事務処理量が膨大となります。このような数字の管理をパソコン(エクセルなど)で行うことが得意というのは大きな強みとなります。

 

 また、体育大学など外傷者が比較的多く見込まれるような学校であれば、外傷への応急処置の経験がある人(外科系、整形外科系での看護師経験者)は強みとなります。前職で緊急時は何を優先して対応したか、周囲の人にはどのように協力を求めながら処置に当たったかなど具体例を言えるように準備しましょう。

 

 さらに、学生へのメンタルヘルス相談は外傷対応より件数は多くなります。傾聴する能力、専門機関へつなぐべき症例かといった判断力は重要です。前職までにメンタルヘルス相談を行った経験のある人は重宝されるでしょう。その際の対応の仕方、苦労した点、自分の対応で改善すべき点などを言えるようにしておきましょう。

 

  • 保育園の保健師へ転職する場合の自己PRポイント

 育児経験のある人、小児科やNICUで看護師の勤務経験がある人、創傷処置をする診療科に勤務した経験のある人は即戦力になりますので重要なアピールポイントになります。

 

 また、保育士さんと一緒に園児たちと遊んだり、外出することもあるため、体力に自信があるというのは他の種類の保健師よりも重要になります。その他、定期的な保健だよりを作成する園もありますので、パソコンで文書作成をするのが得意・苦にならないという点もアピールポイントになります。

本記事は2017/07/13の情報で、内容は保健師としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

保健師転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!ナース人材バンクと併用する人も多い!2サイト利用で多くの求人をカバーできる!

  2. 知名度抜群の「ナース人材バンク」は上場企業が運営!保健師転職の実績が多いことや非公開求人が多いことなどが人気のサイト!

  3. 全国に13の支店を展開!求人件数の多さは業界トップ級!全国対応で転職をサポート!

保健師に関連する基礎知識

保健師TOP

  1. 保健師の求人事情について

保健師の転職の基礎

  1. 保健師の採用先の分類/職場別の仕事内容
  2. 保健師の面接時に押さえておく3つのポイント
  3. 保健師の転職時の志望動機・自己PR方法
  4. 保健師の年収相場・退職金相場
  5. 保健師の転職に適した年齢・採用時期
  6. 看護師から保健師への転職事情

採用先別の保健師の求人

  1. 自治体(都道府県・市町村)の求人事情
  2. 企業(産業保健師)の求人事情
  3. 医療機関の求人事情
  4. 教育機関(大学・専門学校など)の求人事情
  5. 保育施設(保育園など)の求人事情

条件別の保健師の求人

  1. 正社員の保健師求人
  2. 非正規雇用の保健師求人
  3. 高年収の保健師求人
  4. 土日休みの保健師求人
  5. 残業なし・激務でない保健師求人
  6. 未経験可の保健師求人
  7. 英語力を活かせる保健師求人
  8. ブランク明け・復職向きの保健師求人

年齢別の保健師の転職例

  1. 20代の保健師の転職例・体験談
  2. 30代の保健師の転職例・体験談
  3. 40代の保健師の転職例・体験談
  4. 50代の保健師の転職例・体験談

保健師に関するコラム

  1. 保健師の魅力とやりがい
  2. 保健師が抱えるよくある悩み
  3. 保健師の他職種との関わり方・連携
  4. 保健師に求められるスキル・能力・知識/学歴
  5. 保健師になるには・保健師の国家試験
  6. 保健師の勉強法について
  7. 保健師の1日の仕事の流れ
  8. 保健師のスキルアップ・役立つ他資格
  9. 保健師の定年について
  10. 保健師の将来性・今後
  11. 男性保健師の勤務事情
  12. 保健師のストレス・苦労・悩みについて
  13. 保健師の育児相談・栄養指導・訪問業務について
  14. 保健師の転勤・異動について
  15. 保健師の適性(向き・不向き)
  16. 保健師の「理想」と「現実」
ページ上部へ移動する