化粧品メーカーの美容部員(販売員)の求人

業界:化粧品メーカー

279views

imasia_12280427_M_R

 

化粧品メーカーの美容部員(販売員)の求人

  • 一般的な待遇

 化粧品の販売員を美容部員と呼ぶことが多く、募集は比較的頻繁にされています。またネット通販のメーカーはテレホンアポインターとしての募集を行います。

 

 化粧品メーカーといっても、百貨店に展開しているメーカーの美容部員に関しては、競合店も軒を並べているので接客の経験と実力が必要になります。求人は派遣の場合も多く、販売の力がないとなかなか定着することも難しくなり、長年残っている美容部員はそれなりの素質を持ち合わせている人が多いです。売上を上げていく人は社員への登用の可能性も高くなってきます。

 

 テレホンアポインターの場合は顔を見ての対面販売ではないので、店舗での販売員とは異なります。クレームも顔を見ないだけに厳しい言葉を受けることもあり、精神的な頑健さも必要な部署と言えるでしょう。テレホンアポインターも派遣やアルバイト、パートでの募集が多く、社員に登用される場合は、メンバーのまとめ役としての採用となることが多いです。

 

  • どんな人が向いているか?

 化粧品の商品の知識ももちろん重要ですが、販売のプロとしての素質もある程度持ち合わせていないと定着も難しい部署です。企業にとっては、販売企画の立案に沿ってそれを実現していく部署でもあり、利益を真っ先に上げることが可能な部署であるため、実力が問われる部署であります。この部署に応募する人の多くは、同業他社からの転職者が多くなります。

 

  • 定着率、離職率について

 販売員の場合、テレホンアポインターも含め、同業他社をめぐる転職を繰り返す人も少なくありません。派遣や契約社員としての採用が多いのも影響し、募集も比較的多いので社風と合わない場合は比較的早く転職しやすい傾向があります。実力のある人で待遇が上がっていく企業であれば人材が定着しますが、接客のストレスや成績を上げても待遇が上がらない場合は条件の良い企業に移りやすい部署です。

 

 メーカーのブランドイメージが高い企業では、それだけで集客がある程度見込めるので応募の狙い目です。ブランドイメージが市場に浸透していないブランドは、集客から苦労する場面も多いです。待遇だけでなくブランド力による販売のしやすさなども転職先選びのポイントになるケースがあります。

 

本記事は2015/09/15の情報で、内容は化粧品メーカーでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する