地方銀行の仕事内容

業界:地方銀行

889views

imasia_7180622_M

 

支店勤務の仕事内容

 支店勤務の場合は、当然ながら顧客と顔を合わせる業務が主になります。テラーの場合、9~15時の窓口が開いている時間帯は窓口での顧客対応を行います。パートなどの非正規社員も多く、単純作業を行うことも多いですが、地方銀行の中には小規模の店舗もありますので、その場合は相続や資産運用などの対応を求められることもあります。

 

 また、基本的に融資の顧客は融資専門の職員が対応することになりますが、個人ローン・カードローンなどの場合はテラーが対応することもあるので、広い知識が必要となります。窓口が閉まった後は、現金の精査をはじめ伝票の締めなどの事務処理や、顧客への満期案内、商品案内などの電話対応をすることが多いです。

 

 外回りの渉外担当は自分の担当を日々計画的に回り、新規開拓なども含めて顧客対応を行っています。一昔前は通常の預貯金の集金も行っていた銀行も多かったのですが、近年では融資関係の外回りが多く、預貯金関係は断っている場合が増えています。銀行も合併などが多く、利益重視のスタンスに変化してきています。

 

  • 支店勤務の場合は窓口対応のテラー、外回りの渉外など顧客対応業務がメイン。

 

本店勤務の仕事内容

 本店勤務の場合、仕事内容は多岐にわたります。当然ながら支店のサポートや顧客のサポートといったことが主になりますが、システム系の部署や広報、人事など様々です。ただし、地方銀行の場合はあくまで地域密着が基本です。その最前線にいるのが支店ですから、本店はそのサポート役です。

 

 そのため、本店と支店の融資担当や資産運用担当が帯同して外回りをしているという銀行も多いです。人が少ない店舗などは支店に人員を割けないので、本店から人がサポートに入る場合もあります。本店はある意味何でも屋で、支店の業務で困っていることを助ける役割を担っています。

 

  • システム系や管理系など様々な部署があるが、支店の業務を円滑に回せるようサポートするのが本店の任務。

 

保険会社などとの連携

 地方銀行でも投資信託や生命保険などの商品販売が進んでいます。都市銀行などではインターネットを通じての取引ができますが、特に田舎町にあるような店舗の場合は顧客の年齢層が高く、商品の需要があると予想される人からも敬遠されてしまいます。

 

 そんな場合、窓口で声をかけたり、なかなか窓口に来店される機会のない方には直接資産運用の担当者が外回りをします。どちらかというと資産運用担当は女性が多く、一人一人の対応時間は長くなりますが、地方銀行として地域の住民の方を重視しているという点でも、とても大事な仕事になります。場合によっては保険会社の担当が同行し、サポートをしてくれることもあります。

 

本記事は2015/09/10の情報で、内容は地方銀行での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する