テレビ局の採用職種の分類

業界:テレビ局

1990views

imasia_16899975_M_R

 

テレビ局の採用職種はどんなものがある?

  • 局の顔になるアナウンサー

 アナウンサーは、容姿端麗であることが求められることはもちろん、発声など声の通りはどうか、表現力はあるかなど、ある特定の分野において技術が求められますので、必ず、他の社員とは別枠の採用になります。未経験者であれば、アナウンススクールに通っていないと、厳しい関門となります。アナウンサーの仕事はニュースやバラエティなど、担当の番組が変われば仕事内容も変わります。

 

  • カメラマン・美術などの「技術職」

 過去には、社員のカメラマン、社員の美術さんなどがいましたが、現在では、民放に関しては、100%に近い形で制作会社から派遣されてきます。民放で技術職が別枠にあるテレビ局は、それらの人を統括する立場になります。入社何年かは、現場でカメラを回すことがありますが、それ以降の年次では、統括することが仕事です。従って技術職としての採用はわずかな人数しかありません。一方、NHKは派遣のカメラマンは少なく、多くは社員カメラマンです。従って採用人数も多くなります。

 

  • 現場も非現場も「一般職」採用でまとめて

 テレビ局の中で、もっとも人数が多いのが、この一般職と呼ばれる人たちです。一般的な企業の“総合職”“一般職”の分類の一般職ではなく、アナウンサーや技術職に対する“一般職”です。

 

 テレビ局の一般職の社員は、報道記者、ディレクター、プロデューサーといった、制作現場で働く社員と、人事・総務・営業・編成など、非現場部門で働く社員の両方が含まれています。「報道志望だったけれど、営業に行かされた。」「ドラマが作りたかったのに、報道部に配属になった。」といった話がよく聞かれるのは、このような採用枠だからです。テレビ局の社員にこだわるのであれば、こうした、希望がかなわないケースは、リスクとして受け止めなくてはなりません。

 

 ただ、昔は、報道畑に行ったらずっと報道、制作畑はずっと制作、営業は営業一筋といった社員が多かったものですが、最近は、人事異動を積極的に行うケースがとても多く、念願の部署に行けるチャンスが広がっています。

 

  • 採用枠の数的には「一般職」で入社するのがほとんど。言葉の意味として一般的な企業の「総合職」「一般職」という意味での「一般職」ではないので注意。

 

本記事は2015/09/03の情報で、内容はテレビ局での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

テレビ局に関連する転職者の声

  1. 制作会社からテレビ局へ!年収100万以上UP!
ページ上部へ移動する