テレビ局の転職動向

業界:テレビ局

453views

imasia_7974572_M_R

 

テレビ局に関係する転職事例を分類

  • 他業界からの転職はできるのか?

 テレビ局は、もともと社員の数が少ないため、中途採用も「わずか」というのが現実です。リーマンショック以降、中途採用は、どのテレビ局もほとんどありませんでしたが、景気回復とともに、複数ポジションで募集をかけているテレビ局も出てきました。他業界からの転職は、業界同士ほどではありませんが、歓迎されています。

 

 他業界からの転職の場合、テレビの現場部門を志望している人が多いでしょう。報道、ドラマ、バラエティ等々、テレビのコンテンツ制作に関わる仕事をしたい場合、何らかのスペシャリストであること・何かをこれまでとことん追求してきた経歴があることが求められがちです。なぜなら、テレビの番組は、何かをとことん追求するものだからです。「幻の深海魚を追え」「巨大地震は果たして来るのか?」など、一つのことを深く掘り下げるのがテレビではないでしょうか。特に他業界から転職したい場合は業界経験がないわけですから、何かに特化した情熱があるかというのは採用基準になる大きなポイントです。

 

 また、テレビ局は新卒の時点では、文系が非常に多い集団です。中途採用(特に他業界からテレビ局に入りたい場合)においては、スペシャリティが求められることもあり、理系の方の方が少しばかり有利なケースが多いようです。

 

  • 業界内から業界内への転職は圧倒的に有利

 テレビ番組の作り方は、会社が違っても基本的に同じです。したがって、業界内での転職は、経験者の方が即戦力になるということで、圧倒的に有利になります。どれだけの人脈を持ち、どれだけの番組を作り、どれだけの企画を打ち出してきたかが問われますので、逆に、そういうものがないままの、業界内の転職は、業界外からの転職より厳しくなると言えるでしょう。

 

  • 業界外への転職は難しい傾向

 プロデューサー、ディレクター、報道記者など、テレビ局の社員の仕事は、資格のある職業ではないにも関わらず、特殊で専門的な仕事ですので、他業界ではつぶしがきかず、業界外への転職は一般的には難しいと言われています。ただもちろん全員が全員そうというはけではなく、幅広い人脈と、コミュニケーション能力、企画力、表現力に優れている場合も多く、他業界へ転身できる人もいます。一例を挙げると、企業の広報部門で活躍できる場合などもあります。(企業の広報部門で、新商品のマスコミアピールのうまさなどはテレビ局にいた人間ならではかもしれません。)

 

本記事は2015/09/02の情報で、内容はテレビ局での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

テレビ局に関連する転職者の声

  1. 制作会社からテレビ局へ!年収100万以上UP!
ページ上部へ移動する