大手の不動産ファンドの求人

業界:不動産ファンド、不動産投資・再生業界

107views

imasia_16600290_M_R

 

大手の不動産ファンドの求人

  • 「大手」と言えば

 誰でも聞いた事のある上場不動産開発会社(デベロッパー)が母体となって運営されている日系の不動産ファンドです。財閥系と言ってもいいでしょう。特に好景気の際には圧倒的な資金調達力と開発力で投資対象たる不動産を生み出し、不動産を作っては傘下のファンドに卸すという動きを繰り返します。好景気の中では、順調にファンド規模を拡大していく所が多いので拡大の都度人員が募集され増強されていきます。巧く採用できなければ、母体企業から送り込むという選択肢もあります。

 

  • 仕事面での条件

 母体企業が物件供給をしてくれるので、物件が買えなくて仕事がない、という状態はありません。大手がバックに付いていないファンドは、投資対象不動産を購入できずに苦しむ局面がよくありますが、そういう心配は無用です。誰もが名前を知っている会社で誰もが知っている物件の運用に関われる、というのは非常に聞こえが良く気分も良いものです。ただし、それとは裏腹に自分のネットワークを用いて、売主との交渉や仕組みを工夫して安価で仕入れる、といったような事は全く必要とされない為、そういった部分にやりがいを求める人にとっては辛いものがある事もまた事実です。

 

  • 年収面での条件

 外資系の成果型の企業などに比べるとそれほど高くないケースが一般的です。母体企業の水準を超える事はまずありません。いわゆる大台と言われる1,000万円を超えるのは、40歳を過ぎてからになるでしょう。しかし、退職金制度が整備されている等、長く働くための仕組みが整っているケースが多いため、安定志向の方にはとても素晴らしい環境です。

 

転職サイトランキング【2021年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2015/08/31の情報で、内容は不動産ファンド、不動産投資・再生業界での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する