大手のテレビ制作会社の求人

業界:制作プロダクション

3260views

imasia_8368649_M_R

 

>大手テレビ制作会社の求人を探す<

 

大手テレビ制作会社はかなり競争が激しい

 大手のテレビ制作会社はほんの一握りです。待遇もいいですし手掛けられる番組の規模も違ってくるので、やはり人気です。入りたいと思えば、かなりの競争倍率を勝ち抜かなければいけません。

大手のテレビ制作会社といっても、各局の番組を手掛けている独立系の大手制作会社から、キー局の子会社といった感じのテレビ制作会社などありますが、いずれにせよ簡単には入れない難関ではあります。

 

 大手制作会社になると、それなりに会社の知名度も高くなるので、自社のホームページ上で積極的に求人募集の告知をするケースが多いです。気になる会社は常に求人情報をチェックし、何かチャンスがあればすぐに応募するくらいの気持ちで情報収集をするといいでしょう。一方で転職サイトなどにもしっかりと求人を出してきますのでチェックは必要です。

 

 正社員の求人だけでなく、アルバイト募集の求人もあります。業界未経験でありながら、大手の制作会社に入りたいという人は、アルバイトからキャリアをスタートし、認められて社員に登用してもらう方法もなども検討していかなければいけないでしょう。

 

  • 大手のテレビ制作会社の求人は人気ゆえに激戦であることが多い。自社HP、転職サイトなどは随時チェックが必要。未経験の場合などは正社員以外の入口や希望職種以外での採用なども含めて検討する必要があるケースも。

 

大手制作会社の社員の出身大学は?

 キー局(日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京)や準キー局(読売テレビ、毎日放送、関西テレビ、朝日放送など)の社員となると、旧帝大の国立大学や早稲田大学、慶応大学出身者などで占められており、競争倍率も1,000倍を超えてくると言われていますが、制作会社であれば大手でもさすがにそこまでのレベルの高さはありません。

 

 学歴こそ超一流のものは求められないものの、ある程度は学歴が必要になるケースがあるのは事実ですし、何より競争倍率は高いのは事実です。アルバイトでの採用は別ですが、基本的に正社員として中途採用で入社するには相応の実績や経験がないとなかなか厳しいでしょう。

 

  • テレビ局(キー局)ほどの学歴が求められるわけではないが、中途採用で入社する場合は学歴はある程度は求められることもあるし、何より経験や実績が求められる。

 

大手制作会社の待遇や勤務時間は?

 テレビ局と違って制作会社の待遇は優れているとは言えないのですが、大手制作会社になれば年収で600万円ほどには届きます。ボーナスが出るケースも多く、就業時間が比較的しっかりとしているというメリットもあります。

 

 大手の制作会社では担当番組によって、QOLを追求できる可能性もあります。特に生放送のニュース番組などを手掛けているテレビ局子会社の制作会社は、夕方に定時で帰れる場合もあります。QOLを大事にしたい場合は、やはり大手の制作会社をお勧めします。

 

  • テレビ局(キー局)ほど高給ではないが給与面は低くはない。会社や担当番組によっては残業の連続が当たり前というわけでもなくプライベートを充実させることも可能。

 

本記事は2015/08/27の情報で、内容は制作プロダクションでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

制作プロダクションに関連する転職者の声

  1. higu-1 40代で転職に成功!8年間離れていた広告業界へ念願の復帰!
ページ上部へ移動する