テレビ制作会社のディレクターの求人

業界:制作プロダクション

420views

imasia_14619958_M

 

優秀なディレクターは常に不足している

 テレビ局は免許制で寡占状態なので、新しい競争相手が出てくる心配は基本的にありません。しかし、制作会社は新規参入がしやすい世界なので、番組作りで競い合っている状況です。そうなってくると当然、優秀で即戦力となるディレクターを採用したいと希望する制作会社はたくさん出てきます。

 

 そういう意味で経験が豊富な30代、40代のディレクターであれば、かなり売り手市場だと言えます。ヘッドハンティングで引き抜かれる事例も当然ありますし、仕事上の人脈から転職するケースもあるでしょう。一方でいわゆる民間の転職サイトで求人を探して応募するという人ももちろん一定割合います。どちらにせよ仕事ができるディレクターは引く手数多です。

 

 ディレクターになりたい場合は、ハローワークでの職探しは避けた方がいいです。求人を出している会社が少ないですし、あったとしても小規模な制作会社がほとんどです。わざわざ経験豊富なディレクターがそこまで転職先を落とす必要はありませんし、キャリアに自身があれば「大手希望」「年収高め」「自分の希望の制作に関われる」など条件を提示して転職活動をしていくようなイメージでいいでしょう。

 

  • 経験豊富なテレビ制作会社のディレクターであれば、同業での転職で売り手市場と言える。

 

業界未経験者向けのディレクター求人は?

 テレビ業界未経験者の人にディレクターの求人は原則的にありません。ディレクターになるためには専門用語の理解、コミュニケーション能力、業界構造の理解、取材先や関係各所とのパイプ作りなどさまざまな能力が求められます。テレビ業界で全く経験のない人間が採用されるケースは極めて低いのです。

 

 業界未経験者でディレクターになりたいのであれば、まずは何歳であってもアシスタントディレクターの下積みから始めるしかありません。アシスタントディレクターの経験がある人材であっても、ディレクター経験が豊富でなければディレクターでの採用は少ないです。

 

  • 業界未経験でテレビ制作会社のディレクターになりたければアシスタントディレクターからの下積みしかない。

 

本記事は2015/08/26の情報で、内容は制作プロダクションでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

制作プロダクションに関連する転職者の声

  1. higu-1 40代で転職に成功!8年間離れていた広告業界へ念願の復帰!
ページ上部へ移動する