テレビ制作会社の転職動向

業界:制作プロダクション

364views

imasia_7422320_M_R

 

テレビ制作会社は常に新しいスタッフを求めている

 テレビの番組の多くは、テレビ局から依頼を受けた制作会社が手掛けています。視聴者として見ている限り、テレビ番組はテレビ局が自分たちで全て作っているような印象を受けますが、実際はテレビ局から依頼された制作会社が大半の番組を作っているのです。全日本テレビ番組製作者連盟によると、夜7時から9時の間に東京の民放5社で放送される番組の7割は制作会社が制作を手掛けた番組という数字があります。それだけ制作会社は、番組作りに大きな役割を果たしているのです。

 

 そんなテレビ制作会社の転職市場は活発です。

 

 理由の1つに「制作会社の多さ」があります。日本にテレビ番組の制作会社が何社あるのかというと、全日本テレビ番組製作者連盟に加盟している「一流の」制作会社は100社以上、総務省が行った制作会社の実態調査の対象企業は1,000社以上に上ります。会社の大小はありますが、それだけ制作会社があれば、単純に考えて会社を運営するために人材が必要になりますのでテレビ制作会社の転職市場が活発だと言える根拠の1つです。同業界での経験があれば即戦力として採用されやすいというのもあるでしょう。

 

 他の理由として過酷な労働環境による離職者の多さもあります。テレビ制作会社は慢性的な人材不足状態であることが多く、どこも新しいスタッフを求め熱心に求人活動を行っているという現状があります。

 

  • テレビ制作会社は多く、どこも人材不足の傾向があり転職市場は盛んな傾向。

 

過酷な労働現場では退職者が続出している?

 テレビの放送には休日がなく、制作者の側は休みなく番組を作り続けなければいけません。企画を練り、台本を作って、出演者のスケジュールを抑え、ロケ撮影の下準備をし、撮影後は編集室で映像をつなぎ、テロップを入れ、ナレーションを吹き込むなど、番組作りに不可欠の作業は膨大にあります。しかも会社として利益を出すためには、同時進行で幾つもの番組作りを進めていかなければなりません。

 

 連日深夜まで続く作業に圧倒されて、現場では脱落者が続出することもあります。特に激務を強いられる制作会社勤務のアシスタントディレクターの離職率は高いです。退職者が出れば現場はさらに忙しくなり、1人1人の負担が増えさらなるスタッフの離職をまねくなど悪循環も起きてしまいます。スタッフが足りなくなった場合は、他の制作会社に応援を要請するほどです。こうした厳しい労働環境がテレビ業界で人材ニーズの高まる理由の1つになっています。特にこの傾向は中小零細の制作会社で強くなります。

 

  • テレビ制作会社は激務になることが多く離職率が高いのも転職が盛んな背景の1つ。

 

制作会社選びは慎重に

 ただ逆に考えれば、業界に潜り込みたいと希望する若い人材へのチャンスは、豊富にあると言えます。経験豊富で即戦力となる人材を希望する制作会社は多いですが、未経験者で応募できる会社もたくさんあります。

 

 しかし、制作会社といっても規模も仕事内容も、担当する番組の種類も各社で全く違います。バラエティー番組を作りたいと思っているのにドラマばかり作っている制作会社に入れば、面白くない思いを強いられるかもしれません。ボーナスの有無、昇給の有無など待遇面もさまざまです。目に付いた制作会社の求人に飛び付くのではなく、できるだけ多くの求人情報を集め、自分の納得のいく会社を選んでから応募してみてください。

 

本記事は2015/08/26の情報で、内容は制作プロダクションでの勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

制作プロダクションに関連する転職者の声

  1. higu-1 40代で転職に成功!8年間離れていた広告業界へ念願の復帰!
ページ上部へ移動する