臨床心理士の1日の流れ

職業:臨床心理士

416views

imasia_10422802_M

 

職場によって異なる1日の流れ

 臨床心理士以外の人から見ると「カウンセリングをしている時はわかるけどそれ以外の時ってなにしているの?」と思うこともあるでしょうが、実際クライアントと接している時間以外にも事務作業、記録、準備、後片付け等やることは沢山あります。

 

 ここでは、医療機関とスクールカウンセラーを例にして、臨床心理士1日の流れの一例を紹介します。

 

  • 医療機関で働いている臨床心理士の1日の例

<8:30 出勤>

 病院にもよりますが、出勤時間はこのくらいの時間になることが多いです。朝ゆっくりする時間はあまりありません。

 

<9:00 ケース開始(外来スタート)>

 出勤から外来スタートまでの時間は外来の看護師や医師と今日の予約患者の確認などをします。心理職は行うカウンセリングや検査の予定がすべて決まっているので、予約の入っている患者の打ち合わせなどをします。何もない時は事務作業をこなしたり、グループやケースの準備、病棟に行って入院患者さんとかかわったりします。

 

<12:00 昼休憩>

 ご飯を食べて休憩。休憩中にケースの記録をつけたりすることもあります。

 

<13:00 午後の外来スタート>

 よくある午後のスケジュールは、検査を1ケースとカウンセリング1ケースです。時間が読めるカウンセリングを午後の前半に持ってきて、長引いても大丈夫なように検査は午後の後半に入れている方が多いです。WAISやロールシャッハといった比較的時間のかかる検査は2時間ほど見たほうが良いでしょう。

 

<17:30 退勤>

 病棟の引継ぎに参加して退勤です。しかし、実際はそのあと終わらなかった記録や検査の所見をつけることも多いです。

 

  • スクールカウンセラーの1日の例

<8:30 出勤>

 朝の職員会議が8:30なのでそれに参加できるように出勤します。教員は朝のホームルームなどもあるのでこの時間は非常にバタバタします。教室に入りたくないと訴える子が相談室に訪れることもあるので会議が終わった後は授業開始までは相談室にて待機します。予約を取っていない子が相談室に訪れた場合、話を聞いてほしいのか休みたいのかを明確にして休みたい場合は部屋を貸し、話を聞いてほしい場合はカウンセリングの予約を取るようにします。

 

<8:50 午前の授業開始>

 ケースがはいっている場合は、カウンセリングなどを行います。生徒に対してカウンセリングを行う場合は時限単位で時間を取ります。またケースが入っていない時間は、ケースを持っている子の担任と打ち合わせをしたり、教頭や校長との打ち合わせをしたりします。

 

<12:40 昼休み>

 昼休みは実は来室が一番多い時間なので、この時間に食事をとることはありません。急に来室する生徒も多いので、この時間は必ず空けておいて対応できるようにします。

 

<13:30 食事>

 5時限目を休憩として使います。

 

<14:30 授業参与観察>

 実際に授業に出向き、予防的介入を行います。教員免許を持っている方の場合は、教員免許を持っている授業に入ることになるでしょう。色々な教室に行き、カウンセラーとして顔を売ることで、来室しやすい雰囲気にもつながるので非常に重視している方が多いです。

 

<15:20 放課後>

 時間の関係もあり圧倒的に放課後に対応することの方が多いため、放課後は保護者対応の時間として取ることになります。

 

<17:30 退勤>

 来室した生徒や参与観察の記録を取って退勤します。

転職サイトランキング【2021年度最新版】

  1. 転職最大手の「リクルート」は求人件数の多さはもちろん、カバーする業種・職種の幅も業界トップ級で常に人気が高い!

  2. 転職業界大手の「マイナビ」!スキルや年収を適正に評価し、年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

  3. 年収アップに自信あり!利用者の7割以上が年収アップ!リクルートエージェントやマイナビエージェントと併用する人も多い!

本記事は2017/05/10の情報で、内容は臨床心理士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する