40代でのWEB制作会社の転職例

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

141views

WEBプログラマーからWEBプログラマーへ(47歳 男性 京都府在住)

 

男性(40代)

 WEB制作会社のWEBプログラマーとして8年勤務していましたが、途中で職場が移転し、通勤に車で片道1時間かかるようになったことから転職を考え始めました。条件に見合う求人を見つける度に応募すること十数回、ほとんどが書類選考で落とされ、面接に辿りついたのはわずか2社だけでした。面接時にも40代後半という年齢が気になると指摘され、もう少し若い人が欲しいと言われたこともありました。プログラマーは確かに体力勝負ですが、経験と実績に自信があることと、健康状態がよくこれまで大きな病気も欠勤もほとんどないことをアピールし、やっと採用となりました。転職を考えてから実行に至るまで、実に1年を要することになりましたがやはり通勤などのストレスは減り満足しています。

 

スポーツ用品メーカーからWebデザイナーへ(40歳 女性 千葉県在住)

 

女性(40代)

  前職ではスポーツ用品メーカーでネット通販部門を担当し、商品情報ページの更新作業をしていました。その後、業績不振によりネット通販事業が撤退になったことがきっかけで、WEB系の専門会社で仕事を本気でしてみたいと思うようになり、転職を決意しました。面接では40歳を超えていることと、子供が小さいことを懸念されたんですが、近所の認可保育園に子供を預けており実家の母親にも託児をお願いできることと、持ち前の向上心と知識欲の強さをアピールしました。最初の3ヶ月間を試用期間とし、その後正式採用となりました。ネット通販の仕事でインターネットに携わった経歴が長くWEBに関する知識に明るいことが採用の決め手となったと後で聞きました。最初は「自分は主たる制作実績もWEB制作会社での実務経験もないなあ・・・」と思い求人に応募できずにいたんですが今思えば思い切って行動に移してよかったと思っています。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. 2週間で上場企業へ転職成功!年収160万円アップ!
  2. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する