30代でのWEB制作会社の転職例

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

83views

WEBデザイナーからWEBデザイナーへ(31歳 女性 岐阜県在住)

 

女性(30代)

 大学卒業後は広告代理店に就職。地元のクチコミ情報サイトの運営管理を任され、WEBサイトの更新作業ができるようになったことがきっかけで、WEBサイト制作を本気で学びたいと思うようになりました。その後広告代理店を退職し、アルバイトをしながら隣県のWEBデザインを学べる学校に半年通い、小規模のWEB制作会社に就職しました。3年間WEBデザイナーとして勤務しましたが、昇給・賞与なし、残業代なし、の待遇に不満が生じ、退職を決意しました。求人が出ていた同業者に転職しました。同じ職種での転職なので、入社後もスムーズに業務に取り掛かることができ、会社の即戦力として活躍できたと思います。また、前職で担当していた顧客のうち数社からは、会社が変わっても担当を継続して欲しいとの願いがあり、転職先にそのまま持っていく形になりました。

 

WEBプログラマーからWEBプログラマーへ(33歳 男性 千葉県在住)

 

男性(30代)

 前職はWEB制作会社ではなくシステム開発会社に勤務。JAVAやC言語でのプログラミング業務がメインでしたが、残業が多く、22時過ぎに帰宅することも度々ありました。結婚して子供が生まれたのを機に、転職を考えるようになりました。当初は同業者での転職を希望していたんですが、開発系は残業が基本で帰りが遅くなりそうだったので、WEB制作会社のプログラマー職に応募しました。数種類のプログラミング言語での経験も豊富なことから即採用されました。現在は転職関係のWEBサービスのプログラミングを担当しています。転職したことにより残業や休日出勤が少なくなり、家族の時間を持てるようになった反面、給与は以前の会社の4分の3ぐらいに減ったんですがまあ満足はしています。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する