フレックスタイム制のWEB制作会社の求人

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

132views

imasia_5540169_M_R

 

フレックスタイム制は大都市に多い

 WEB制作会社の中にはフレックスタイム制を導入している会社が多くあります。その数は年々増加する傾向にあり、特に東京などの大都市に多く見られます。個人のペースで就業時間を選択でき、通勤ラッシュを避けられるフレックスタイム制は、WEB制作会社で働く人にとってはありがたいと思われる反面、時間にルーズな人には向いてないといったマイナス面もあります。

 

 フレックスタイム制のWEB制作会社の中には、全社員が就労を義務付けられる「コアタイム」を設けているケースも多いです。コアタイムの設定時間は会社によってまちまちで、早いところでは午前10時からだったり、14~17時までといった午後だけに設けているところもあります。企業によっては、曜日ごとにコアタイムが変わるところもあります。

 

 また、コアタイムの時間帯の長さも会社によって様々です。基本的にはコアタイムが長くなってしまうとフレックスと呼べなくなりますので、お昼休憩時間を除いて3~5時間の会社が多く見られます。

 

  • フレックスタイム制のWEB制作会社は、特に大都市では増加傾向にある。

 

会社によっては一部導入もあり

 一部のWEB制作会社では、職種によってフレックスタイム制を導入しているところもあります。例えば、WEBプロデューサーやWEBディレクターは、クライアントといつでも連絡が取れるよう一般の会社の営業時間に合わせて出勤しますが、他の職種についてはフレックスタイム制にしている会社もあります。その場合、求人情報には「一部フレックス制導入」「独自のフレックス制を設定」などと記載されているようです。フレックスタイム制を導入しているかどうかで働き手の環境も変わってきます。求人の情報には必ず掲載されているので、応募したい会社を選ぶときの判断材料にしましょう。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する