高年収のWEB制作会社の求人

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

98views

imasia_15099723_M

 

高年収の求人はほんの一握り?

 あらゆる業種の中でWEB制作会社の年収は全体的に低めといえます。地方の会社になるとその傾向はさらに顕著で、中には最低賃金に近いところもあります。

 

 しかしWEB制作会社の中でもそれなりに高収入を得ている人がいるのは事実です。ただ、ある程度稼げるようになるのは、大手のWEB制作会社に長く勤務し経験と実績を積んだWEBプロデューサーや、専門スキルを評価されやすいプログラマーなど、当然求められるものも多いので、実際に高収入と言える域まで到達するのはなかなかハードルが高いかもしれません。

 

  • 高収入の採用の事例

 WEB制作会社の求人には、高年収を謳っている企業も少数ですが存在しますが、募集している職種はやはりWEBプロデューサー(WEBディレクター)かWEBプログラマーが多いです。

 

 WEBプロデューサー(WEBディレクター)の場合は2~3年以上の実務経験とHTMLやCSSの知識が必須なのは当然としても、それ以外にも相当なレベルのヒューマンスキルを求められるでしょう。WEBプログラマーは、他の職種に比べて希少な人材なので給与条件のよい会社が多くあり、WEBデザイナーやHTMLコーダーとの基本給が5~10万円違うというケースもあります。

 

  • 昇給やボーナスを考慮する

 固定給以外の手当てを含めるのであれば、高年収の求人も増えてくるでしょう。昇給やボーナスが随時というWEB制作会社もあります。実際、年に数回昇給した会社や、業績が上がる度にボーナスが出たという会社もあります。入社時の収入が低くても、3年後、5年後のモデルケースとして700~800万円を挙げている求人もありますので、募集要項に記載されている昇給の項目を十分考慮する必要があります。

 

 昇給やボーナスなど含めれば頑張り次第では将来的に高収入も見込まれるWEB制作会社ですが、なかなか良い条件の求人を見つけるのは難しいというのは事実です。そもそも環境がよくて給料もいい企業は退職する人が少ないので、求人自体があまり出ないというのもあります。

 

  • WEBプロデューサー(WEBディレクター)かWEBプログラマーで採用されるスキルがあれば高収入になる傾向。また入社時は給与が低めでも企業によっては短期での昇給やボーナスも見込めるので転職の時はその点もチェックする。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. 2週間で上場企業へ転職成功!年収160万円アップ!
  2. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する