WEB制作会社のHTMLコーダーの求人

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

113views

imasia_15540662_M

 

WEB制作会社のHTMLコーダーの求人

 WEBサイトを立ち上げる際、全体の配色やレイアウトを考えるのはWEBデザイナーの仕事です。しかし、デザインだけではWEBサイトは作れません。WEBデザイナーが作ったデザインを元に、実際にブラウザに反映されるようにHTMLやCSSなどの言語を記述することを「コーディング」といいます。そのコーディング作業を専門的に担当するのが「HTMLコーダー」です。会社によっては「マークアップエンジニア」と呼ぶところもあります。ここではHTMLコーダーに求められるスキルなどを紹介します。

 

  • HTMLコーディングが分業されている会社のみに求人あり

 WEBデザイナーと同様、HTMLコーダーはWEBサイト制作においてなくてはならない存在です。求人の数もWEB業界の中では恵まれている方ですが、しかしWEBデザイナーに比べると若干劣る傾向にあります。理由としては、WEBデザイナーがコーダーを兼務する場合が多いことが挙げられます。

 

 大手のWEB制作会社ではWEBサイト制作の分業化が進んでいますが小規模な会社になると1人が何役もこなすことが珍しくありません。WEBデザインを考えたスタッフがそのままコーディング作業に取り掛かるケースも多いので、HTMLコーダーだけの求人は完全に分業化されている企業に限定されます。

 

  • HTMLとCSSの知識はもちろん必須

 HTMLのコーディング作業には、専門的な知識が必要です。なので、当然ながら求人にもHTMLやCSSのコーディング知識が必須条件とされています。JavaScriptや jQuery の知識があれば尚良いでしょう。コーディング作業にはDreamweaverというソフトを使用している会社が多く、Dreamweaverが使えることを条件にしている求人もありますので、この点は面接などで確認しましょう。

 

 また、HTMLコーダーに求められるのは、コーディング作業を的確にこなす機動力と正確性です。従って、実務経験を必須条件にしている求人が必然的に多くなります。中には1~2年の制作経験を求められる場合もあります。

 

  • WEBデザイナーのスキルも欲しいところ

 HTMLコーダーはコーディングの専門家であって、デザインを担当することは少ないです。WEBデザイナーのようにPhotoshopやIllustratorなどのソフトを使いこなす必要はありませんが、基本的な使い方はマスターしていれば当然強みになります。

 

 HTMLコーダーとWEBデザイナーはとても密接な関係にあります。それぞれの専門分野は違いますが、互いの仕事を熟知していないと共同作業は難しいです。どちらかの職種に限った求人も少なくありませんが、できれば両方のスキルを兼ね備えているのが理想といえるでしょう。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する