WEB制作会社のWEBデザイナーの求人

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

82views

High angle view of an artist drawing something on graphic tablet at the office

 

WEB制作会社のWEBデザイナーの求人

 出入りの激しいWEB業界は他の業種に比べても求人が活発ですが、中でも一番求人数の多いのがWEBデザイナーです。極端な話、WEBプロデューサーやWEBディレクターがいなくともWEBサイトを作ることはできますし、実際、社長自身が営業をする小規模なWEB制作会社ではそれらの職種を設けていないケースも多々あります。対して、WEBデザイナーはWEB制作において必要不可欠な存在です。よって当然需要は高くなりますし、その分求人の方もやや売り手市場な傾向にあります。

 

 ここでWEBデザイナーの採用基準や求められるスキルなどを見てみます。

 

  • 専門的なスキルが必須

 WEBデザイナーは、WEBサイトのデザインを考えるスペシャリストです。絵を描くだけなら誰にでもできそうな気もしますが、実際そのデザインを元にコーディング作業をするわけですから、基本的なHTMLを理解していなければデザインを生み出すことはできません。なので、HTMLやCSSの基礎的な知識を必須条件にしている求人がとても多く見受けられます。

 

 さらに、WEBデザインの作業には主としてPhotoshopやIllustratorといった専門のソフトが使用されています。この2つのうちいずれか、あるいは両方のソフトを扱えることが応募資格の筆頭に挙がるでしょう。求人内容によってはFlashやDreamweaverのスキルを求められることもあります。

 

  • 実務経験や実績も必要

 WEBデザイナーの求人において、デザインの技術と同等かそれ以上に求められているのが、実際のデザイン経験です。新卒採用を除いて、多くの求人がWEBデザイナーとしての実務経験を応募資格に挙げています。仮にデザインをお願いする側の立場になって考えるなら、WEBデザイナーとして働いたことがない方にデザインを任せるのは厳しいというのは頷けます。実務経験がない方はクラウドワークスなどの個人で受注可能なサイトで簡単な案件を見つけてキャリアを積んでいくようなケースもあるようです。

 

 実務経験の代わりに制作実績を求める求人も多いです。この場合の実績とは、自分で好き勝手に作ったWEBサイトではなく、企業や店舗などの商用WEBサイトにあたります。デザイナーとしての就業経験がなくても、実際に商業ベースで稼動しているWEBサイトを作ったことがあるなら、求人の選択肢は広がってきます。少数ですが個人のWEBサイトを制作実績として認めるといった求人もあります。しかしいずれにせよ、何らかの「作品」がなければWEBデザイナーに応募するのは難しいと思われます。

 

  • HTMLやCSSの基本を理解していること、画像関係の専用ソフトを一通り使えること、それなりの実務経験(もしくは制作実績)があること、などを採用の条件としている求人が多い。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. 2週間で上場企業へ転職成功!年収160万円アップ!
  2. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する