WEB制作会社のWEBプロデューサー(WEBディレクター)の求人

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

74views

SONY DSC

 

WEB制作会社のWEBプロデューサー(WEBディレクター)の求人

 全国展開で従業員が何百人もいる大手企業から経営者と他数人で成り立っている零細企業まで、WEB制作会社にの規模はさまざまですが、WEBプロデューサーやWEBディレクターの求人はある程度規模が大きい会社に多く見られます。ここでは採用されやすい人材や求められるスキルを考えてみます。

 

  • 前提として「明確な区別はない」

 WEBプロデューサーやWEBディレクターという職種は、会社によって立場や業務内容が違います。片方しかいない場合もありますし両方存在しない場合もあります。そもそも、WEBプロデューサーとWEBディレクターの違いについても明確な判断基準がありませんので、求人の内容も企業によりけりです。同じような職種にWEBプランナーやWEBコーディネーターなどが挙げられますが、いずれにしてもそれぞれの境界線は曖昧になっています。転職活動時には具体的な職務内容は詳しく聞く必要があります。

 

  • コミュニケーション能力・マネジメント能力が重要

 一般的にはこれらの職種の主な業務はクライアントと自社スタッフとの橋渡し役です。直接やり取りすることのない現場スタッフの代わりにクライアントへの窓口となり、さまざまな交渉をするのがメイン業務となります。また、制作現場にクライアントの意図を伝え、的確に指示を出すのもWEBプロデューサーやWEBディレクターの大事な役割です。それぞれのスタッフのスケジュールを管理して進行状況を把握するプロジェクトの統括役にあたるので、クライアント側だけでなく、社員との意思疎通をいかに上手く図れるかも重要になるでしょう。求人の条件としては第一に高いコミュニケーション能力が求められます。またグループのトップとしてのマネジメント能力も重視されるでしょう。

 

  • WEBのスペシャリストが求められる

 基本的にWEBプロデューサーやWEBディレクターという職種がある規模の会社になると、統括役が直接制作作業に加わることはあまりありません。ですが、WEBサイトを作るにはその分野の専門的な知識が欠かせません。WEBに関する幅広い知識と、いくつもの経験を積み重ねた実績があってこそ、プロジェクトを管理することができるのです。

 

 よって、制作能力はともかく、実際にWEB制作に携わった実務経験を必須条件にしている求人が多いです。中にはデザインやコーディング、システム開発などのスキルを最低条件とする企業もあります。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する