WEB制作会社の履歴書の例文(2)

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

133views

rirekisyo2

 

 2人目の履歴書のサンプルです。

 

未経験で他業種からWEB制作会社に転職を希望する27歳Bさん(女性)

 平成20年3月にWEBデザインの専門学校を卒業して同年4月に印刷会社に入社、グラフィックデザインを担当。その後平成24年7月に化粧品会社に転職しインハウスデザイナーとして働く。現在も化粧品会社に在職中でWEB制作会社への転職活動中。

 

①免許・資格

平成18年3月 実用英語技能検定 2級合格

平成18年4月 普通自動車第一種免許 取得

平成19年1月 文部科学省後援 色彩検定 1級合格

 

②趣味・特技

実際の文章

「趣味はお菓子作りです。洋菓子が多く、休日にはケーキやシュークリームを作ります。写真を撮るのも好きなので、お菓子が出来上がったら撮影してSNSに投稿したりしています。」

 

  • 未経験者からの応募の場合はクリエイターとして良い印象を与えるような趣味を書くのとベターでしょう。何かを作る趣味は創造性のある人柄を連想させますし、写真撮影はデジタル画像の扱いに慣れ親しんでいることをアピールできます。 SNSは他の業種では書かない方がいい場合もありますが、WEBサービスの専門家向けには好印象になるでしょう。

 

③健康状態

実際の文章

「良好。」

 

④志望の動機

実際の文章

「専門学校を卒業後、印刷会社でグラフィックデザインを3年、その後現職の化粧品メーカーでインハウスデザイナーとして2年の経験を積んできました。自社商品のカタログや雑誌広告のデザインに携わるうちにWEB広告の可能性に魅力を感じ、自分の知識やスキルを活かせればと考え応募させて頂きました。WEBデザインの経験はありませんが、PhotoshopやIllustratorの扱いには自信がありますので、自分の出来る事から精一杯努めていきたいと思います。」

 

  • 未経験者の場合はとにかく今の自分に何ができるのか、どんな経験があるのかを伝えることが大切です。WEB業界に興味を持った理由や、数ある中からその会社に応募しようと思った動機を書くのも必要ですが、あまり熱意ばかりをアピールしすぎても、「で、実際何ができるの?」と思われてしまいます。 WEB制作に少しでも役立ちそうな経験がある方人は具体的な内容を、特に何もない場合は勉強熱心な面や責任を持って仕事をやり遂げた実績などをアピールするといいでしょう。

 

⑤本人希望記入欄

実際の文章

「特になし」

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する