WEB制作会社の採用職種の分類

業界:ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社

93views

imasia_4867613_M

 

WEB制作会社の採用職種の分類

 WEB制作会社と一口にいっても職種は様々です。大きく分けると「管理する側」と「作る側」に分かれますが、企業の規模によって内容や呼び名もバラバラです。一般的には下記のような職種があります。

 

  • WEBプロデューサー、WEBディレクター

 企業によっては「営業」だったり、プロデューサーとディレクターの違いもまちまちですが、大まかには統括・進行役の立場にあたります。WEB制作会社のほとんどがチームを組んでWEBサイトを創り上げているので、そのチームのリーダー的な存在になる人が必要です。企画を立ち上げ、現場の進行度をチェックし、指示を出します。豊富な経験が求められますので、同業種の経験者でない限り、転職していきなりこのポストにつくことはあまりないです。

 

  • WEBデザイナー

 WEBサイトの全体的なイメージやコンテンツの内容を考え、デザインする人です。WEBサイトを訪れた人が興味を持つかどうかは、この見た目で決まるといっても過言ではありません。クライアントの要望などからイメージを膨らませ、満足して頂けるデザインを生み出す技術とセンスが求められます。また、多くの場合AdobeのIllustratorかphotoshopを使用できるスキルが必須です。

 

  • HTMLコーダー

 WEBサイトを作る過程において、ほとんどの企業がまず先にデザインを考えてから、HTMLなどの言語を記述する方法を採用しています。デザイナーが作ったデザインをもとに、実際にプログラミングすることを「htmlコーディング」といい、それを担当する人のことを「コーダー」と呼びます。コーダーには専門的な知識が必要ですので、学校か独学で勉強する必要があります。

 

  • プログラマー

 WEBサイトのコンテンツの中にはプログラミングが必要なものも多々あります。例えば、商品をカートに入れて注文できるネットショッピングや、必要事項を記入して送信するお問い合わせフォームなどです。デザイナーやコーダーとは別に、これらのシステムを作るのがプログラマーです。JavaScript、Perl、Phpなどのスキルが必要です。

 

WEB制作会社の規模によっては兼務も覚悟

 大手の制作会社は各担当に分業化されているので、デザイナー希望、プログラマー希望といった職種に特化した転職も可能です。逆にスタッフの少ない中小企業ではデザイナーとコーダーを兼務する事もあるので複数のスキルが必要になることもあります。中には企画から制作までを一人で行うこともあります。

 

本記事は2015/08/24の情報で、内容はホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社での勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職エージェント!最新ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. パーソルキャリアが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信あり!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ホームページ・アプリ制作、WEBマーケティング会社に関連する転職者の声

  1. 2週間で上場企業へ転職成功!年収160万円アップ!
  2. IT企業コールセンターからWEBプログラマーへ転職
ページ上部へ移動する