造園工の適性(向き・不向き)

職業:造園工

1052views

imasia_1414926_M

 

造園工に向いている人

  • 外作業が好き

 基本的に外作業なので、外で働くことが好きだと良いです。また、外の仕事でかつ機械を使うと、機械の騒音で会話が聞こえなくなることもあります。機械の音に負けないくらいの声の大きさがあるとコミュニケーションが取りやすくなります。

 

  • 楽観的で立ち直りが早い

 職人の世界は時には先輩方からきつい言葉で叱れることもあります。怒られた時には反省し、しかしすぐに立ち直って仕事が出来ること、物事を楽観的に考えられて気持ちの切り替えが上手な人は向いています。また、絶対に間違っていると感じる指示を受けても嫌な表情を見せず、反論などもせず、元気に返事をして指示に従えることも大事です。

 

  • 美的センスがある・同じ作業の繰り返しが苦にならない

 剪定前に、どのように剪定するかをイメージすることは欠かせません。したがって、多少は美術的な要素も必要です。一方で造園工の仕事は、何度も同じようなことを繰り返す作業も多いです。繰り返す作業が好きな人、苦にならない人は向いています。

 

  • 職人の世界なのできつく叱られたり時には理不尽なこともあるが、楽観的な性格で立ち直りが早く、元気で明るく対応できる人は向いている。

 

造園工に向いていない人

  • 暑さが苦手・虫が嫌い

 夏は炎天下の中で働かなければなりません。アスファルトの上だと体感気温が50℃くらいになることがあります。お昼以外に10時と15時に休憩がありますが、会社によっては10時と15時の休憩時間が短かったり、無かったりするところもあります。暑さは慣れれば対応出来るようにもなりますが、近年の夏の暑さは半端ではありませんから、元から暑さが苦手な人は不向きです。

 

 また、夏は毛虫が必ずいます。毛虫に刺されて体が1日中痒かったり、痛みを伴いながら作業をすることもありますので、虫が嫌いな人には向いていません。   

 

  • 性格が暗い・喧嘩っ早い

 暗い性格よりも元気の良い人が求められます。性格が暗いと思う人はまず元気に挨拶が出来れば印象が変わります。一方ですぐにかっとなり喧嘩をしてしまう人はまず向いていません。職人の中には喧嘩っ早い人がたくさんいますが、それに乗せられるのではなく、うまくかわさなければいけません。

 

  • 妥協できない

 造園工は妥協することも必要です。こうした方が良いと思って剪定したが、まだ何か自分の思い描いていたものと違う、という場面も多々あります。しかし仕事には計画があり、その木だけに特化出来るわけではありません。状況を見ながら、この部分はこれで良いと妥協することも必要です。また、親方や先輩と意見が分かれた場合も、妥協して指示に従うことが必要になります。

 

  • 夏でも外作業で虫も多いので、暑さや虫が苦手だと厳しい。性格が暗かったり完璧主義で妥協が出来ない、すぐにかっとなって喧嘩してしまう人も向いてない。

 

本記事は2015/08/21の情報で、内容は造園工としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

転職サイト!最新人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 「転職」と言えばもちろん「リクルート」!求人件数の多さはもちろんカバーする業種・職種の幅も業界トップ級!まずは1サイト登録するならここ!

  2. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!リクルートエージェントと併用する人も多い!2サイト利用でほぼ全ての業界をカバーできる!

  3. インテリジェンスが運営する「DODA」もランキング上位!非公開求人が多いことや地方都市の求人に強みがあることが特徴のサイト!

  4. 女性の転職に特に定評と実績がある「パソナキャリア」!女性向けのセミナーやコンテンツ配信の質と量は業界随一!

  5. 年収アップに自信ありの「@type」!スキルや年収を適正に評価し年収を最大限アップできるように担当者が徹底サポート!

ページ上部へ移動する