保育士の掛け持ち

職業:保育士

591views

転職の情報収集は「転職サイト」利用が王道!

  1. 保育士求人数NO.1!年収400万以上・駅チカ好立地など人気求人多数!

    >>転職サイトランキングの2位以下を見る

imasia_1224218_M

 

掛け持ち禁止の保育園ばかりではない

 薄給に悩む保育士も多いですが、保育園側もぎりぎりの人数とお金で経営している所が多いので、なかなか昇給は叶わないのが現状です。条件の良い所に転職すればいいのですが、給料以外の面には満足している場合、なかなか人間関係が充実した園は見つからないので辞めたくないという人も多いです。今働いている保育園を辞めずに、生活も成り立たせる方法として、園や施設を掛け持ちして働く保育士もいます。

 

 保育園の中には掛け持ちを禁止している園もあります。正社員、契約社員であれば当然ですが、その決まりがアルバイトやパート保育士にも定められている場合があります。掛け持ちをするという事は、それだけ働きたいという意欲があるという事なので、それならば自分の園で掛け持ちする時間も働いて欲しいという事です。

 

 しかし、稀に条件が良い為に正社員も契約社員も人員が埋まっていて、さらに働ける立場になれない事もあります。その場合は、アルバイトやパートとして働きながら、社員の枠の空きを待つ他ありません。空きが出るまで生活の為にアルバイトを掛け持ちしたいと交渉すれば、保育園としてもそのような意欲がある保育士がいてくれる事が心強いので、許可してもらえる場合もあります。

 

  • アルバイトやパートの保育士の場合、掛け持ちが禁止でも交渉次第で許可してもらえる事もある。

 

掛け持ちをするメリット・デメリット

  • メリット

 掛け持ちをするメリットとしては、やはり組み合わせによって高給与を得らえるという事です。例えば夜勤担当のアルバイトをすれば、夜勤手当や深夜料金で高い給料がもらえます。夜勤経験者となると、夜間に何かあった時もすぐに対応が出来、体力があると園側から判断されるので、今後の転職の際も採用してもらいやすくなります。

 

 ほかにも嬉しいのは、様々な職場を体験し、比べる事が出来るという事です。いくら待遇が良いと有名な園でも、実際に昇給するのか、保育士の勤務状況はどうなのか、人間関係はどうなのかなど、働かなければ分からない深い部分まで確認が出来ます。そして、もし合わないと感じたら、もう一つの方の仕事のみにする事も可能です。

 

  • デメリット

 デメリットはそこまで挙げられませんが、やはり忙しい事は否定できません。アルバイトでも、正社員や契約社員への昇進を狙っているならば、ある程度園側の仕事にも協力してアピールする事が必要となりますから、壁面作りなどの持ち帰りの仕事も発生していきます。掛け持ちの園二つ分の仕事をこなすとなると、プライベートな時間も犠牲にする必要や残業が出てきます。

 

 二つの職場のそれぞれのルールをしっかりと頭に入れておかなければ周りの保育士との関係性も悪くなりかねないので、働く際にはメリハリを持って責任感ある働き方をする事が求められます。

 

 また、掛け持ちで夜勤を行う場合、いくら自分にやる気があっても、体がついていかない人もいます。実際に夜勤を経験した保育士の中には、体力面以外にも、自律神経を崩してしまったり、女性であれば生理不順を起こしたり、うつ病などの精神疾患を持ってしまったという人もいます。生活リズムが昼夜逆転するのにはそれだけのリスクがある事だけは、意識しておかなくてはいけません。

 

  • 高給与が得られ、様々な園や施設の内部事情を知る事が出来るのがメリット。一方で、仕事が忙しく体力的に負担になったり、夜勤をする事で体のリズムが乱れるリスクもある。

 

掛け持ちの方法・パターン

 具体的に、曜日ごとに交代で働いている人もいれば、昼間と夜勤を掛け持ちする人もいます。施設や夜間保育で、アルバイトやパート、派遣社員を夜勤にあてがってくれるのかと不安に思う人もいますが、どこも人手不足は同じなので、アルバイトやパートでも夜勤を担当することは十分にあり得ます。

 

保育士転職サイト!人気ランキング!

全て無料!情報収集にも転職相談にもまずは以下の大手エージェントを味方につける!

  1. 保育士転職業界トップクラスの求人を持つ「ヒトシア保育」が安定してランキング1位を獲得中!利用満足度9割超え!

  2. 知名度抜群の「ほいく畑」!非公開求人が多いことなどが人気のサイト!正社員だけでなく派遣保育士など非正規も積極掲載中!

  3. 転職業界大手で国民的な企業の「マイナビ」!東京、神奈川、埼玉、千葉に特に強いサイトなので首都圏の転職にはオススメ!


本記事は2017/04/28の情報で、内容は保育士としての勤務経験を持つ専門ライターが執筆しております。記事の利用は安全性を考慮しご自身で責任を持って行って下さい。

ページ上部へ移動する